2014年01月31日

麓林鉄道:雪国スペシャル

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

麓林鉄道診療所線「雪国スペシャル」のご紹介です。まずは例によって全景から。

kam1.jpg

もうおわかりですね。雪国秋田の「かまくら」です。

kam2.jpg

かまくらのうしろにそびえるのは秋田杉です。えっ?クリスマススペシャルで見たって!ま、いいじゃないですか。杉だと思えば杉の木に見えるでしょう。

kam3.jpg

こんなかまくらもあります。ややリアリティーがありますね。

kam4.jpg

こんなかまくらも・・・・がく〜(落胆した顔)アリャリャ!サンタさんじゃないですか?でもかまくらはかまくらですからね。いいじゃないですか。

kam5.jpg

それでは続いて列車のご紹介に移りましょう。走るのはいつもながら2編成です。小さくてよくわからない?

kam6.jpg

内回りを走っているのはJR485系特急型電車、「ひたち」カラーの6両編成です。そして外回りはJR489系特急型電車「白山」カラーの7両編成です。ご承知のように「ひたち」は常磐線の特急、「白山」は信越線の特急、どちらも秋田県を走ってなんかいません。

秋田新幹線の「ニューこまち」とまではいかなくても「こまち」でもあればよかったのですが、Nゲージならあるかもしれませんが、Zゲージにはまだ新幹線車両は開発されていないのです。

「ひたち」も「白山」もどちらも「ふるさと列車」ということでおおめに見てやって下さい。

kam7.jpg

どちらもZJゲージの車両です。ZJゲージについては昨年12月6日の記事でご紹介しましたのでご参照下さい。

kam8.jpg

もともとは食玩なのでちゃちと言えばちゃちですが、こうやってみるとなかなかのものですよね。でも、一つだけどうにも悲しいちゃちなところがあるんです。それはカプラーです。

「白山」のほうはかなり本物っぽいのですが、「ひたち」のほうときたらまるでプラレール。でも走らせてしまえば全然わからないんです。「ヤフオク」で超安値で入手してますから贅沢は言えませんね。なかなかなもんですよ。ふるさと感も出てますよね。

カプラーの写真がないのは、お見せするのも恥ずかしいからではなく、一度連結を外してしまうと再度連結するのにすごく手間がかかるんです。今は順調に走行していますので、いずれ脱線かなんかしたときに撮影して掲載いたします。






posted by YABOO!JAPAN at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。