2017年05月22日

こどもの発熱 ー熱が続くと将来こどもが出来なくなる?-

clinic.jpg 月曜日は医学講座の日。なぜなら人間のからだを表す言葉には「月」(ニクヅキ)のつく漢字が多いから。

 前回の記事の中で「男の子の高熱が続くと将来こどもが出来なくなる」という迷信を2人の親御さんからうかがった、そういう迷信を聞いたのは長い医者生活の中でも初めての経験だった、ということを申し上げました。
 
 宿題にさせていただきましたので、早速調べてみました。

 まずは皆さんと同じようにインターネットで検索してみましたら、けっこう出てくるんですねぇ。出てくることは出てくるんですが、ほとんどすべてと言っていいほど対象は成人男子、つまり大人の男ですね。男の子ではどうなのかという記事は私が調べた範囲では見つかりませんでした。

 そこでまず成人男子の高熱と不妊について私の考えも交えて調査結果を報告します。

 男性の精子は睾丸(精巣)で作られます。(昔は睾丸というのが主流の呼び方でしたが、近年は精巣が主流になっています。そこでここではこれから精巣という呼び名で統一します。)精巣は女性の卵巣に相当する臓器ですが、女性の卵巣が体内にあるのに対して、精巣は体の外にあります。これにはちゃんとした理由があります。

 精巣は通常の体温よりもやや低い温度環境の中で活発に精子を作ります。だから体の外にあるのです。逆に言えば精巣は熱に弱いという見方も出来ます。ですから高熱の環境下に置かれると精子を作る能力が弱くなります。でもそれは高温の環境下で仕事を続けるとだんだん仕事の能率が落ちるのと同じで、環境が改善されれば仕事の能率も元通りよくなっていくものなのです。

 どれぐらいの時間があれば元通りの能率になるかは個人差があると思いますが、能率の落ちた精子工場(精巣)もやがては元通りに回復するもののようです。ですから一時的には妊娠の確率は下がるもののそれがずっと続くわけではなさそうです。

 一方、おたふくかぜによる男性不妊についてはどうかといいますと、大人になってからのおたふくかぜはこどものそれよりも重症化しやすく高熱に見舞われることもあると思います。ですが、高熱だけであれば一時的に精子の数や働きが落ちてもいずれは回復可能と言えます。

 不妊が心配されるのは、おたふくかぜウイルスが精巣に侵入して精巣炎を起こしたときです。前回高熱と脳障害のお話の中でも触れましたように、「脳の病気だから脳がやられる」のと同じで、「精巣の病気(精巣炎)だから精巣がやられる」わけです。でも実際にはその頻度はあまり高くはありません。

 それでは男の子の場合はどうかといいますと、男の子の精巣が精子工場として目覚めるのは6歳頃と考えられています。しかも始めのうちはそんなに活発に精子を作りませんから、精子の数がどうとか働きがどうとかを調べることは出来ません。ただ、大人と同じように考えれば、高熱だけであれば一時的に精子製造に影響が出るかもしれないがあくまでも一時的で回復可能ということだと思います。

 おたふくかぜに限らず、細菌やウイルスなどによって精巣炎が起こり、精子を作る細胞に永続的な問題が起きた場合には、その程度によって精子の数や働きに問題が生じる(男性不妊の)可能性はあるということだと思います。

 前回の記事では、高熱による男性不妊を迷信だと決めつけてしまいましたが、全くの迷信ではなかったようでした。その点お詫びいたしますが、「脳の病気だから脳がやられる」、「精巣の病気(精巣炎)だから精巣がやられる」という構図は同じものでした。





posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。