2018年07月14日

熱中症にご用心

この週末(連休)は猛暑が予想されます。
熱中症には十分注意しましょう。

次のような症状が見られたら熱中症の危険があります。
20180713-00004356-weather-001-1-view.jpg

重症度2度や3度になると救急車の出動を要請する必要も出てきます。
重症度1度のうちに気がついて適切な対応をとるようにしましょう。

それよりもこまめな水分・塩分補給、日陰での休憩を心がけ熱中症を予防することがとても大切です。


熱中症が疑われるときは、まずは日陰やクーラーの効いている屋内など涼しい場所に移動します。服をゆるめて熱を発散しやすくし、冷たい飲み物で水分補給するのが基本です。

頭ががんがんする(頭痛)、吐き気がする・吐く、からだがだるい、意識が何となくおかしい、などの症状が出てきたら、重症度が増しています。

冷たい飲料を自分で飲むようにします。大量に汗をかいているときは、経口補水液やスポーツドリンク、0.1〜0.2%の食塩水がいいでしょう。

濡れタオルを身体にあてて扇いだり、冷たいペットボトルを太い血管のある脇の下、両側の首筋、足の付け根に当てるなどして、身体を冷やしましょう。

しばらく休んでも症状が改善しないときは、誰かについてもらって医療機関を受診しましょう。ただし、周囲の人から見て意識がおかしいときは、すぐに救急車を呼びます。



こんなことにならないよう熱中症の予防(こまめな水分・塩分補給、日陰での休憩)に十分気を付けましょう。

posted by YABOO!JAPAN at 13:35| Comment(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: