2007年07月26日

勝ちがあっただなんて!

shogismallnail.jpg木曜日は将棋の日。なぜなら将棋盤も駒も「木」でできているから。

今日はとにかく棋譜から見てください。

△3二金▲7六歩△5二玉▲2六歩△6二銀▲2五歩△2二銀▲2四歩△同歩▲同飛△7二金▲2八飛△5四歩▲2四歩△5三銀▲3八銀△4四歩▲2七銀△4三玉▲2六銀△3四歩▲3六歩△3三桂▲3七桂△6四銀▲1六歩△5五歩▲1五歩△7四歩▲6八銀△7三金▲7八金△8四金▲6九玉△7三桂▲5八金△7五歩▲同歩△同金▲1四歩△同歩▲2五桂△同桂▲同銀△7六桂▲6六角△同金▲同歩△6八桂成▲同玉△5六歩▲同歩△3九角▲2九飛△6六角成▲1四銀△6五桂▲6九桂△9九馬▲2三歩成△7七歩▲同桂左△5七歩▲3二と△5八歩成▲同玉△5七銀▲同桂△同桂成▲同玉△4五桂バッド(下向き矢印)▲4六玉バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)△7七馬グッド(上向き矢印)▲5五桂△同銀▲同歩△5四桂▲同歩△5五金まで79手にて上手の勝ち

とまあ、相も変わらずまた負けてしまったのですが、私が投了するや否や先生が「惜しかったですね〜。下手に勝ちがあったんですよ。」
え〜〜〜〜っがく〜(落胆した顔)exclamation×2がく〜(落胆した顔)exclamation×2がく〜(落胆した顔)ど、どこですかexclamation&question」と私。

72手目▲4六玉が敗着でそのため上手の73手目△7七馬が「詰めろ逃れの詰めろ」になってしまったそうです。ここを▲6八玉としておけば上手は△7七馬ができず、いくつか手順はあるものの、たとえば△5七金であれば▲6八玉△5七金▲7九玉△7六歩▲4二と△同玉▲2二飛成△3二香▲3三銀△5三玉▲5二金△同玉▲3二龍△6一玉▲6二金まで。と、下手勝ちになります。言われてみれば「なるほどモノ」なのですが、ここいら辺を自分で見つけられるようにならないと二枚落ちにはならないでしょうね。

先生の最後の言葉。「今迄で一番惜しかったですね。」
コテンパンに負かされたよりもっともっと口惜しい今日の駒落ち教室でしたふらふら


ラベル:将棋 駒落ち将棋
posted by YABOO!JAPAN at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。