2007年09月14日

サンタランド鉄道の誕生

 金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。

 レイアウトのコンセプト、色々悩みました。そしてやっと辿り着いた結論は次のようなものです。(1)車両はトーマスでもレイアウトは全く別物と割り切る。(2)縮尺だのリアリティにはこだわらない。(3)鉄橋もトンネルも面白そうだからそこに置いたでいいじゃないの。そしてレイアウトのコンセプトは、サンタクロースが経営するトナカイ牧場。名付けて「サンタランド鉄道」

 場所はサンタさんのふるさと北欧のフィンランド。サンタ村の牧場ではクリスマスを前にしてサンタさんたちが出発の準備に大忙し。牧場のトナカイたちも長距離旅行に備えて準備運動中。空には神秘的なオーロラが魅惑的に輝き、地上は白い雪で覆われた幻想の世界。オーロラはレイアウトの左1/3にファイバーグラスのクリスマスツリーを置くとそれっぽくなる予定。

farm.jpg 奇想天外、荒唐無稽なレイアウトですが、なんだか楽しくなってきました。ともあれ遅ればせながらレイアウトのコンセプトが固まりましたので、早速河合商会で売り出している箱庭シリーズNo.5「牧場」の組み立てキットを買ってきました。まだセロファンテープで固定しただけの仮組立ですが、レイアウトに置いてみるとなかなか雰囲気出てますねえ。手前の円周の真ん中にグラスファイバー製のクリスマスツリーを立てる予定です。とてもジオラマと呼べるような代物ではありませんが、夢いっぱいのレイアウトになりそうです。これが一面の雪景色になったら雰囲気もがらっと変わるでしょうね。

 シーズンものなので一年中置いておく訳にはいきませんが、長く置いといて飽きられるよりは、毎年クリスマスシーズンだけ登場したほうがフレッシュなインパクトがあっていいんじゃないでしょうか。

karioki.jpg さらに落合にあるホビーセンターカトーへ行って、針葉樹の樹木・サンタクロースの人形・トナカイ(ホントはシカだけど)・踏切セット・腕木信号などを買い込んできました。早速並べてみるとい〜いですねえ。すっかりサンタ村の風景ができあがってしまいました。でも、サンタクロースとトナカイはNゲージ用ではなくてHOゲージ用のアクセサリーです。縮尺にこだわらずビジュアルに楽しくなるようにとサイズを選びました。

fixed.jpg ホビーセンターカトーでトンネルの入り口部分(トンネルポータル)を探しましたがいいものがありませんでした。煉瓦風の気に入ったのはあったのですが複線用しかなく、お店の人に訊いたら、製造元に直接問い合わせてみたらどうかというので、ネットで調べたら単線用のがネット通販で買えることがわかり早速注文しました。これでレイアウト製作に必要な素材はすべて揃います。そこで、スタイロフォームと台枠を木工用ボンドで接着・固定します。重しをのせて一晩このままにしておくとできあがりです。


 


posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。