2017年04月24日

こどもの発熱 ーガタガタ震えてても冷やすの?ー

clinic.jpg 月曜日は医学講座の日。なぜなら人間のからだを表す言葉には「月」(ニクヅキ)のつく漢字が多いから。

 「熱を下げるということは熱を逃がすことだ」と何度も何度もしつこくお話ししていますが、皆さんの実感としては「冷やす」という言葉のほうがしっくり来るようです。ですから最近の私は最初に「冷やす」という言葉を使ってそのあとで「逃がす」という言葉を使うようになりました。言葉はどうあれ実体は同じことなのです。

 ところで、熱があるときは冷やすということが段々浸透してくるようになると、次のような質問が出てきます。「急に熱が出てきて寒がってるんですけど、そういうときでも冷やしていいんですか?」

 確かに熱の上がり際には寒気や震えがきます。熱がゆっくりと上昇するときにはあまり見られませんが、急激に上昇するときによく見られます。このような寒気や震えを、前者は悪寒、後者は戦慄といいます。寒くてガタガタ震えることです。熱が上がりきると止まります。寒くてガタガタ震えている子の洋服をはぎ取るようなことは残酷に思えて、先ほどのような質問をなさるのだと思います。

 私の答はこうです。「理屈だけから言えば、熱があるんだから冷やしてかまわないということなんですけど、寒くてガタガタ震えている子にさらに寒い思いをさせるようなことは人情としてはできませんよね。この寒気や震えは熱が上がりつつあるときだけなので、温めようが冷やそうがどっちみち熱は上がるところまでは上がるわけです。ですから、お子さんが寒いと言っている間は寒気がなくなるぎりぎりのところまで温め、熱が上がりきってお子さんが暑いと言い出したらすぐに冷やし始めるということでいいんじゃないですか。」

 熱が出てきて寒気や震えが来ると、お子さんはきっと心細い思いをしていると思います。そんなとき少しでもぬくもりを感じることができれば、熱はどんどん上がるかもしれませんがお子さんの心も少しは安らぐのではないでしょうか。その意味では抱いて温めてあげるほうが効果は大きいと思います。



posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がたがた震えている時って結構顔色わるいんですよね〜口唇なんて青くなってたり・・・・。『ママ、寒い』と言うのでとりあえず暖めてます。
熱の上がりはじめってホント心細いでしょうね・・・。ぎゅっと抱きしめてあげたいです。
Posted by ナッツまま at 2007年10月08日 15:11
 私たち小児科医の責任もあるのですが、「お子さんが病気になったら病状を観察して医者によく説明できるようにしましょう」という風潮が20年ぐらい前からあって、お子さんが病気になるとまず観察してしまう親御さんが増えているように思えます。
 私の持論は「お子さんが病気になったらまず優しく抱いてあげましょう。それから医者の目ではなく親の目で病状を観察しましょう。」です。
 お子さんがもっと抱いていて欲しそうだったら観察はあとまわしでずっと抱いていてあげましょう。
 観察するときってどうしても「外」に置いてしまいますよね。それよりふところの「中」に置いてもらった方がお子さんは安心できるだろうと思ってます。
Posted by YABOO!JAPAN at 2007年10月08日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック