2007年11月15日

ヤッタァ!飛車成り!でも…

tsume7-06.jpg 木曜日は将棋の日。なぜなら将棋盤も将棋の駒も「木」でできているから。

 さあ、今日も張り切っていきましょう!まずは今日の詰め将棋です。7手詰めです。正解は指導棋譜のあとに掲載してあります。今週も例のギャルが今度はミニスカートにブーツスタイルで出席していましたが、先週と違ってもう一人妙齢の女性の方が出席なさっていたので、先生もギャルだけにぴったり寄り添うわけにはいかなかったようです。女性のヤキモチは怖いですもんねわーい(嬉しい顔)←ザマアミロトイウワライ。

<先週の指導対局棋譜>
 前回と同じ手順でスタート。
△3二金▲7六歩△5二玉▲2六歩△6二銀▲2五歩△2二銀▲2四歩△同歩▲同飛△7二金▲2八飛△5四歩▲3八銀△5三銀▲2七銀△4四歩▲3六銀△4三玉▲1六歩△3四歩▲1五歩△3三桂▲4六歩△7四歩。ここでちゃんと▲2四歩と垂らして△7三金▲1六香△6四金▲1八飛とスイスイすすみ、次の△2六歩で長考。△2七歩成と、と金を作られたらどうしようと一瞬不安になるも、その前に飛車が成れると読み切って▲1四歩△同歩▲同香△3五歩。アチャ〜、銀が取られてしまう〜。でも銀は取り返せると読み切ってひたすら1筋攻撃を続行し▲1二香成△3六歩▲2二成香△同金ぴかぴか(新しい)▲1一飛成ぴかぴか(新しい)。やった〜!ついに飛車の成り込みに成功。しかもちゃんと銀を取り戻して。△3二金▲2一龍△2二香に一見もったいないけど▲2三銀△同香▲同歩成り△4二金▲3三と△同金で銀1枚と桂・香の2枚替え。さてここでまたもや長考。次の攻め筋がわからない。あるいはこの辺で守りを固めたほうがいいのかとも迷い、結局選んだ手が▲3六歩△5五歩▲3七桂△5四玉▲4五桂打△同歩▲同桂△4三金▲5三桂成△同金▲6六香△4四歩▲2四龍△6五桂▲4五歩△5七桂成まで、65手までで時間切れ引き分け(実質下手の負け)。

<対局後の指導>
 局後の指導に入るや、先生の開口一番「イヤ〜、今までで一番惜しかったですね。本気で負けると思いましたよ。たいてい△2六歩にだまされて甘い手を指すんですけど、一気に来ちゃいましたからね。」そう言われてもどこでどうやれば勝てたのか全くわかりません。「▲3六歩が甘かったですね。確かに▲3七桂と使えるようにはなりましたが、桂2枚で銀1枚という上手にとっての2枚替えになってしまいました。ここでぴかぴか(新しい)▲3五香ぴかぴか(新しい)と打ったら勝ちでしたよ。」ヒェ〜、そうだったのかふらふら。「もっとも本譜通りで進めても有利に持って行けたんですけど、▲2四龍がまずかったですね。これでわからなくなってしまいました。△5七桂成に金でも上がっておけば勝負はまだまだなんですけど、きついことはきついですね。▲2四龍のところは▲6四香で△同歩▲8一龍△6五桂▲6六桂△4三玉▲3一龍でかなりいけたと思いますね。イヤ〜、ホント惜しかったですね。」ホントはここでさっきの▲3五香のあとの手順を教えて欲しかったんですけど、ホットパンツギャル(この棋譜は先週の指導対局のものなのでギャルはミニスカートではなくホットパンツです)の指導のほうが気になるとみえて、「じゃ、今日はこれまでです。」と言うなりギャルのほうへ行ってしまいました。そりゃま、そうだけど…ちっ(怒った顔)

<私の感想>
 結果はあまりよくなかったですけど、一応飛車成りに成功して、あわよくば勝てたかもしれないという先生のオコトバに希望が湧いてきましたかわいい。しばらくはこの手順で行ってみようと思います。ヤルゾパンチ

<詰め将棋の正解>
▲6三飛△同銀▲5三飛△同馬▲3三角成△同玉▲3四金までの7手詰めでした。
初手▲6三飛を△同馬なら▲4四金で一発撃沈。△5四玉なら▲6四飛成で△4三玉なら▲3四金、△4五玉なら▲4六金でいずれも早詰み。3手目▲5三飛を△同玉なら▲4四金で一発撃沈。5手目▲3三角成に△5四玉は▲5五金の詰みとなります。飛車を2枚捨てることによって玉の逃げ道を相手の齣でふさいで詰ますという詰め将棋でした。が、私は解けませんでした。


posted by YABOO!JAPAN at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。