2017年06月26日

熱性けいれん −シーズン5−

clinic.jpg 月曜日は医学講座の日。なぜなら人間のからだを表す言葉には「月」(ニクヅキ)のつく漢字が多いから。

 熱性けいれんの予防には”ダイアップ”というお話しを前回いたしました。今回はその具体的な使い方のお話です。

 ダイアップが臨床の場で使われるようになった頃の指導はこうでした。「熱が38.0℃を超えたらダイアップを入れてください。そして8時間後に熱を測って、そのときも38.0℃以上だったら2回目のダイアップを入れてください。」つまり、2回目は熱が下がっていたら入れなくてもよかったんですね。

 ところが、1回目のダイアップを入れてから8時間後は熱が下がっていたけど、12時間、あるいは16時間後に熱が上がってきたときどうするかということになって、使い方の指導が変わってきました。同時に、38.0℃で入れたのでは間に合わないということも問題になってきました。こういう状況の下では指導する側にも混乱が生じます。

 「8時間後に熱がなければ2回目は使わないが、熱が上がったらその時点で使う」という医者もいれば、「熱があってもなくても8時間後には2回目を使う」という医者もいます。
「37.5℃になったら使う」という医者もいれば「38℃になってからでよい」という医者もいます。それぞれが「こどもの熱性けいれんをなんとか予防したい」という強い気持ちで指導していることなので一概にどのやり方が正しいとはいえない部分があります。

 そこではどのようにお話ししているかというと、「38℃になったら1回目を使いましょう。8時間経ったら熱があってもなくても必ず2回目を使いましょう。ただし、お子さんがとても寒がっていたり、顔色が悪くて、熱が急激に上がりそうだと思ったら、37.5℃で1回目を使ってください。37.5℃で使ってその後一度も38℃を超えなかったら2回目は使わなくてもいいでしょう。」です。理由は次の通りです。

 ダイアップは12時間から16時間は効果が続きます。でもその頃には効き目のピークは越えてしまっています。ですから、1回目を入れて12時間も16時間も経ってから2回目を入れるのは、また1回目を入れるのとそんなに変わらなくなってしまいます。1回目から8時間後というのは効き目のピークです。その頃2回目を使うと効き目はジャンプアップして、24時間以上効果を発揮するようになるからです

 また、熱が急激に上がるかどうかを判断するのはムズカシイのですが、一般的にはゆっくり上がるときよりも寒気を訴えますし、顔色も青白くなります。その場合には37.5℃で使ったほうがいいとは思いますが、現実問題としては37.5℃の瞬間というのはほとんど捉えることはできません。お子さんが寒気を訴えて青白い顔をしている、額にさわったら熱がある、こんな状態のときには熱はあっという間に38℃を超えてしまっているのです。けれども、皆さんありがたいことに医者の言うことには大変忠実で、「38℃を超えたら」と言われている親御さんが熱を測ってたまたま37.8℃だったら、「38℃まで待たなきゃ」と考えてしまうんですね。熱は上がるときには5分とか10分で1℃ぐらいすぐに上がってしまいます。37.8℃を確認した次の瞬間には38℃を超えているかもしれないんです。そういうことを考えて、「熱が急激に上がりそうだと思ったら、37.5℃で1回目を使ってください。」とお話ししています。

 熱の初日はこれでたいてい乗り切れるでしょう。問題は翌日以降も熱が続いているときどうするかです。熱性けいれんはほとんど病気の初日に起こります。そして、8時間間隔でダイアップを2回使えば効果は24時間以上期待できます。ですから「ダイアップを正しく2回使えば、2-3日は大丈夫」とお話ししています。でもどうしても心配な方には「2回目を使ってから24時間毎に追加を使ってもいいですよ。でもお子さんは相当フラフラして歩けなくなっちゃいますよ。」とお話ししてはいますが・・・。
 
 そうなんです。2回だけでもふらついちゃう子がいるんです。3回使ったらほとんど酔っ払いの千鳥足か、1日中眠ってばかり。ですから私は3回目以降はお勧めできないと思っています。

 今回もずいぶんと長くなってしまいました。まだ大事なことがあるので次回に回しますが、最後に、「ダイアップはけいれんを止めるクスリでもある」ということをお忘れなく!ダイアップを1回使ったあとでも2回使ったあとでも、また、全く使う前であっても、もしけいれんを起こしてしまったらその場ですぐにダイアップを使ってかまいません


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(4) | TrackBack(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待望のシリーズ最新作!!
・・そうなんです!娘が熱を出すたびにダイアップ片手に体温計とにらめっこ(*_*)
今回は何度まで上がるんだぁ〜??頭に効くってところが『劇薬』って感じがして潔く使いきれません。使わなくて済むものなら使いたくない!!けれど、痙攣は見たくない・・・・片手に握られたダイアップが溶けそうです(T_T)
Posted by ユママンママ at 2008年01月15日 02:24
 そうなんです!皆さん「使おうか?使うまいか?」迷うんです。シーズン6ではその辺のことも明らかになるんです。
 さあ、急いでレンタルショップへ!
 じゃ、なかった。来週をお楽しみに。
Posted by YABOO!JAPAN at 2008年01月15日 17:54
そうなんです、熱性痙攣を見ていたら先生のブログにたどり着きました。参考になりました。
Posted by はたけ at 2008年01月16日 14:07
 そうなんです。とっても参考になるんです。
と、自信を持って言えるブログにするよう頑張ります。
 はたけさん、コメントありがとうございました。
Posted by YABOO!JAPAN at 2008年01月16日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。