2008年01月22日

下高井戸の「おふろ」

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 先週の土曜日にイラストレーターの伊藤さんたちと会食をしました。伊藤さんの話は土・日のこのブログに掲載しました。で、どこで会食をしたかというと、下高井戸駅から徒歩約3分の「おふろ」という名前の居酒屋です。

furo01.jpg なんで「おふろ」という名前なのか?店の中にお風呂でも置いてあるのかな?茶道で夏に使う「お風炉」のことかな?おふくろの味をウリにしていて「おふくろ」をもじって名付けたのかな?などと色々想像しながらお店に着くと、看板を一目見て「あ、お風呂のことなんだな」というのはわかりました。店内に入りましたがどこにもお風呂は見あたりません。それどころか、居酒屋とは名ばかり、黒を基調とした店内は、高級ダイニングバーという感じで、壁にはワインがずらり。もちろん私の好きな日本酒もずらり。

 「???」と思いつつも、久しぶりにお会いした伊藤さんと積もる話を始めてしまい、すでに伊藤さんが決めておいてくださった料理が運ばれてきては、もう店の名前どころではありません。喰って飲んでしゃべっての大宴会が始まって、店の名前の由来のことをすっかり忘れてしまいました。

料理は珍しい素材を上品な味に仕上げたフレンチ和風な創作料理で、なんと12品(12皿ではありません)も出てきました。一皿一皿の分量が少ないので全部たいらげてしまいましたが、一皿食べ終わって次の皿が運ばれてくるまでの時間が早くもなく遅くもなく、絶妙のタイミングで運ばれてくるので、リズムよく食べられました。

 とにかく品数が多いので写真をずらっと並べますが(左から右へ出てきた順番)、私が初めて食べた蝦夷鹿や富山の固豆腐やジロール茸やウルイ(オオバギボウシソウ)やシャランの窒息鴨など、本当に珍しい素材がたくさん出てきてビックリしました。頼めばパン(写真のはジャガイモを練り込んだパン)も出してくれます。温めてあるのでおいしかったです。最後にご飯を食べて終了。あ〜・し・あ・わ・せ。

furo02.jpgfuro03.jpgfuro04.jpgfuro05.jpgfuro06.jpgfuro07.jpgfuro08.jpgfuro09.jpgfuro10.jpgfuro11.jpgfuro12.jpg

 器は汁碗以外すべて白で統一されていました。

furo13.jpg 最後に店の名前の由来?
トイレの手洗いの写真です。これがきっと風呂桶なんですよ。ナ〜ンテネ。

 行ってみたい方は、「下高井戸 おふろ」で検索すればすぐわかります。「たいていの素材は食べ飽きた」な〜んていう方にはぴったりのお店だと思います。決してそんじょそこらの居酒屋ではありません。女性同士でもいいかも。


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。