2008年02月05日

ちょっと変わった北京ダック

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 今日は中華料理の話です。北京ダック、おいしいですよね。でも、北京ダックがメニューに載ってない中華料理屋もあって、いつでも、どこでも食べられる、というわけにはいきません。それに値段も高いですしね。

 江戸川区の一之江駅のすぐ近くに、フランチャイズ系の中華レストラン「バーミヤン」があって、夜遅くまでやっているので、時々夜食を食べに行くことがあります。そこのメニューには北京ダックが載っています。以前、「しばらく北京ダック食べてないな〜」と思って注文しました。出てきたのはフニャフニャ皮の北京ダック。二度と食べたくない北京ダックでした。と言いつつそのときは全部食べちゃいました。だってもったいないですもんね。

pekin.jpg ところで、上野は池之端、ホテルパークサイドの地下にある「蓮風」という名の中華料理屋の北京ダックはちょっと変わっています(写真右)。普通春巻の皮みたいに薄い皮で巻いて食べますが、ここのは薄く切ったはんぺんという感じで、食感もモチモチっとしています。この皮にパリッパリのアヒルの皮とネギとキュウリを巻いて食べると、それぞれの素材のパリパリとモチモチが妙にマッチしておいしいんです。甘味噌もなかなかの味です。

 アヒル1/4羽と、1/2羽と1羽の3種類があって、二人で行って1/2羽を頼んだら、お店の人が「食べられますか?」と尋ねたので、なんでそんなこと訊くんだろうといぶかしく思いながらも「ええもちろん」と答えて、出てきたお皿を見て納得。春巻の皮と違ってはんぺんの皮は結構なボリュームです。でも、全部食べちゃいましたけどね。だっておいしかったんですもん。

 場所は上野の「アブアブ」前から、不忍通りを池之端沿いに西へ進んで、不忍通りが右へ大きくカーブする信号の手前左側の角から2・3件目。ホテルパークサイドの地下1階です。中華海鮮をウリにしているお店です。他の料理もおいしいです。地下へ降りる階段やエレベーターの位置がわかりにくく、地下に降りても廊下が迷路みたいになっていて、ものすごくわかりにくいお店です。


posted by YABOO!JAPAN at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。