2008年03月07日

サンタランド鉄道を彩るキャラクター達(2)

金曜日は鉄道模型の日。なぜなら鉄道の鉄の字は「金」ヘンだから。
電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車電車

ekiin.jpg 今回はサンタランド鉄道になくてはならない重要な脇役達をご紹介します。それはサンタランド駅の駅員さんですね。駅員さん達は駅長他3名、少ない人数ながら世界中から次々と到着する機関車達を効率よく操車しています。

ekiins.jpg まずは駅長さんです。上の写真では駅舎の真ん中辺に仁王立ちしています。左の写真では二人の人物の左側です。国境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。「駅長さ〜ん」(古いな〜)。この駅長さんはとっても働き者で、屋根からの落雪で雪まみれになりながらも駅員達を指揮して頑張っています。その名もヴェルクマイスターさんといいます。ヴェルクマイスターというのはドイツ語で「技師長」という意味です。

 駅長さんの右の方で郵便物やその他の貨物を整理している駅員のユービネンさんです。

ekiin3.jpg そして列車の出発進行を指図するシュパッツさん。一番上の写真では、プラットホームの一番左端に立って合図を送っています。シュパッツさんは仕事の上でもそうですが、私生活においても時間に正確な駅員さんです。シュパッツさんがいるおかげで、他の駅員さんたちは時計を持っていません。

ekiin4.jpg 最後は、忙しそうに動き回っているのだけれどあまり仕事をしない駅員のサボルノフさん。プラットホームの右の橋に上がってこようとしているのは、さぼり終わって一応職場に戻ってきたところかもしれません。

 4人ともこの駅に勤めて20年以上のベテランです。駅のすぐ横にある踏切を渡ってしばらく行ったところのスタツィオン村に家族と共に住んでいます。スタツィオンというのはドイツ語の「駅」という意味です。


posted by YABOO!JAPAN at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ鉄道模型入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。