2008年04月03日

強くなってる?

shogismallnail.jpg木曜日は将棋の日。なぜなら将棋盤も駒も「木」でできているから。

 今日の棋譜は先週の指導対局の棋譜です。

 いよいよ待望の(?)四枚落ち二歩突き切り戦法での天野先生との対局です。先生が「あ、それ違いますよ」と言わないように、開始前に「今日は二歩突き切りで行きます」と宣言しておきました。先生は「それって二枚落ちの定跡ですよ」とおっしゃいましたが、「先崎先生の本に出てたんです」と答えると「ハイ、どうぞ」という感じでした。

 △3二金▲7六歩△5二玉▲4六歩△7二金▲4五歩△6二銀▲4八銀△5四歩▲4七銀△5三銀▲3六歩△6四歩▲3五歩△2二銀▲3八飛△6三玉▲3四歩△同歩▲同飛△3三歩▲3六飛△7四歩▲3七桂△7三金▲7八金△6五歩▲5八金△9四歩。

 とここまで、先生の指し手は教科書とは違っていましたが、私の予想通り。私の指し手も教科書通り。スイスイと進行しました。そしてここで上手が△9四歩。教科書には「二枚落ちならここで▲9六歩だが四枚落ちの場合は▲9六歩を突かない」とあったので、私は迷わず▲6八銀と手(チョキ)カニ囲い手(チョキ)の完成を目指します。これが第1の敗着。局後の指導では、「自分から▲9六歩を突かなくてもよいが、上手が△9四歩と突いたら必ず▲9六歩と受けるように。そうでないと△9五歩と突き越されて9筋が弱くなってしまう」とのことでした。果たせるかな上手は私の▲6八銀に対して△9五歩と伸ばしてきました。私はかまわず▲6九玉と手(チョキ)カニ囲い手(チョキ)を完成させ、いざ出撃。
 
 (△9四歩以下)▲6八銀△9五歩▲6九玉△6四金▲5六歩△7三桂。

 教科書には「この△7三桂を待って▲9六飛と回れば、四枚落ちなら大楽勝」と書いてあったのですが、その前に△9五歩と突き越されていたら▲9六飛なんてできませんよねふらふら。でもそのときはまだ「攻めの本筋は3筋4筋」と思っていましたから、気にもとめずに「攻撃開始パンチ

 (△7三桂以下)▲4六銀△7五歩▲同歩△同金▲3五銀△6六歩▲同歩△8四歩▲6七銀△6四銀▲4四歩△同歩▲同銀△4三歩。

 アララがく〜(落胆した顔)上手5三の銀が6四に行っちゃっているので▲5三銀成△同玉の銀交換ができません。しかたなく一歩後退。局後の指導では△7五歩を▲同歩と取ったのがいけなかったそうで、第2の敗着でした。詳細はあとで。

 (△4三歩以下)▲3五銀△7六歩▲4五桂△8五歩▲4四歩△同歩▲同銀△4三歩▲5三桂成△同銀▲同銀成△同玉。

 桂を1枚増やして再攻撃も結局桂損で不発ふらふら。しかしここで起死回生の一打が出ましたわーい(嬉しい顔)。あとで先生が「これがぴかぴか(新しい)絶妙手ぴかぴか(新しい)絶妙ですよ、絶妙)。桂損になった時点でほとんど勝ち目はありませんでしたがこれで逆転しましたね。」と褒めてくれましたが、私には逆転したなんて実感はまったくありませんでした。

 (△同玉以下)ぴかぴか(新しい)▲8四銀ぴかぴか(新しい)(これが絶妙手です)△7四金▲7三銀成△同金▲6五桂△6三玉▲7三桂成△同玉▲7六銀△6二玉▲6五歩△5三玉▲5五歩△3四歩▲5四歩△4二玉▲6四歩△4五銀。

 自分では有利なのかどうかはわかりませんでしたが、上手最後の△4五銀(飛車取り)までは快調でしたね。上手の玉を孤立させ、上手の攻撃駒を一掃し、それまで動けなかった飛車角の道筋を開け、と金2枚も確実というところでしたからね。わーい(嬉しい顔)私もけっこう強くなってるんでしょうかねexclamation&question

 ところがこの頃になると予定時刻をオーバーしてしまい、指導対局を終えた他の生徒さん達は一人二人と帰って行ってしまいました。教室には私と先生だけ。そして先生が言いました。「次の一手で勝ち負けが決まります。正しくさせれば下手の勝ち、そうでなければ負け。その一手を見て終わりにしましょう。」そして私が放った運命の一手(ドキドキ揺れるハート)とは・・・。

 (△4五銀以下)▲6六飛。

 ブーッバッド(下向き矢印)。ハイ残念でした。私の負けです(投了)ふらふら。正解は飛車を逃げずに▲6三歩成でした。

 (△4五銀以下)▲6三歩成△3六銀▲5三歩成△3一玉▲4二金△同金▲同と△同玉▲2二角成。

 これで上手玉に必至がかかり、下手玉は詰まない、つまり下手の勝ち手(チョキ)になったそうです。

 局後の指導では、上手の37手目、下手が▲4六銀と攻撃を開始したときの△7五歩のことを教えていただきました。「たいていの本にはこの△7五歩を▲同歩と取ると書いてあるんですけど、これだと△6六歩とされたときに下手は苦しくなっちゃうんですよ。やらせの手順というか、これでも下手有利になるように作った手順なんですね。ですから実戦では取らないほうがいいんです。」

 確かに先崎八段の本にも△7五歩を▲同歩と取ると書いてありました。そして△6六歩も▲同歩と取って▲6七銀の形を作れば下手良形、とも書いてありました。でもその結果が今日の指導対局では桂損で攻撃失敗でした。

 「ここは△7五歩▲3五銀△7六歩▲4四歩とすれば銀交換ができるんですね。」そして最後に、「もうすでに▲1二歩の垂らしの手筋を大分やってますから、二歩突き切りもいいですが、最初から二歩突き切りだと、飛香落ちになったときにまた▲1二歩垂らしが出てきて困るんですよ。」と言われました。確かに、きちんとしたカリキュラムで勉強を続けているときに勝手に別のカリキュラムを持ち込んだのは失礼でしたね。勝ちたい一心とはいえ本筋をはずれていました。でも、もう1回だけ、今回の指導を生かして二歩突き切りで指してみたい。ジレンマに悩んでいますふらふら


posted by YABOO!JAPAN at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。