2008年04月22日

カルボナーラもどき

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 相棒がスパゲッティ・カルボナーラが食べたくなったと言いました。カルボナーラというのはイタリア語で炭坑夫のことで、重労働をさせられる炭坑夫が栄養不足にならないように考え出されたというだけあって栄養豊富、言ってみればカロリー過剰のパスタです。

 私もカルボナーラは大好きなのですが、ダイエット、特にコレステロールを制限するためにしばらく食べないでいました。でも、相棒が食べたいというと私も欲求を抑えきれなくなってしまいました。そこで、超いい加減、超手抜き、超簡単レシピのカルボナーラを久しぶりに作ってみました。

carbon1.jpg まず、大きな鍋にお湯を沸かしスパゲッティを茹でます。そのとなりではフライパンに1cm幅に切ったベーコンを入れて、とろ火でこがさないようにじっくりと炒めます。ベーコンが少し透明になりはじのほうにこげ目が付いたら、牛乳をベーコンが完全に隠れる程度に注ぎ中火にします。湯気が立つようになったらとろけるスライスチーズを3〜4枚入れ、沸騰させないように気をつけながらチーズを溶かします。

carbon2.jpg このとき沸騰させてしまうとこの写真のようにまわりに牛乳とチーズが固まりになって浮き出てしまいとろみがなくなってしまいます。ですから写真なんか撮らずによく見ていないといけません。

carbon3.jpg チーズが溶けた頃を見計らって粗挽きのブラックペッパーをふりかけます。できれば胡椒の種をペッパーミルで挽いてほしいですね。塩味はベーコンだけで十分だと思いますが、石炭掘りに従事している方は塩も加えてください。そしてそこへ水を切ったスパゲッティを放り込みます。

carbon4.jpg 牛乳とチーズとベーコンをよく混ぜ合わせたら火を止めて、すぐに卵の黄身を加えます。そして全体をよく混ぜて玉子を全体に行き渡らせたらお召し上がりください。コレステロールの心配がない方は一人あたり玉子2個ぐらい使った方が美味しいです。

 いい加減といえばいい加減ですが、ちゃんとカルボナーラの味はします。お試しください。


posted by YABOO!JAPAN at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。