2008年05月22日

本日の詰め将棋

shogismallnail.jpg木曜日は将棋の日。なぜなら将棋盤も駒も「木」でできているから。

 今日も行ってまいりました、将棋会館へ。昨日名人戦であんなすさまじい激戦があったというのに、将棋会館道場はいつもと変わらぬこもったような熱気であふれていました。それはそうですよね。将棋会館道場は素人の溜まり場、名人戦のようなレベルの高い将棋とは縁のない人が集まっているわけですから。

F1000017.JPGF1000019.JPG

 本日の詰め将棋です。写真左が皆さん用の3手詰め、右側が私専用の5手詰めです。3手詰めはもともと5手詰めだったのを3手にして出題したものだそうです。両方とも双玉形です。

 今日の指導対局の結果は盤面棋譜に変換して、来週木曜日に1週遅れで掲載する予定です。文字の棋譜にしても盤面棋譜にしても、一度は一手一手対局しながら激指5に入力します。それからこのブログに掲載するまでは文字棋譜の方が簡単ですが、あとで見るときは盤面棋譜の方がはるかにわかりやすいです。

 詰め将棋は残念ながら盤面表示が出来ません。それで文字で正解をお知らせします。まず左側の3手詰めです。

 正解は、▲1三馬△同玉▲2三桂成まで。2手目△1一玉で▲2三桂不成も正解ですが、先週お話したように攻め方の駒を取るほうということで2手目△同玉を正解としています。初手▲2三桂成△1一玉▲3三馬も王手になりますが、玉方の合駒に桂を使われますと、△2二桂で逆王手となってしまいます。これが双玉形詰め将棋の面白いところですね。

 次に右側5手詰めの正解は、▲3二龍△同銀▲1二角△同玉▲2二金まで。双玉形の特徴は、初手を▲4三龍で王手をすると△3三飛とした手が逆王手になってしまいます。玉方の応手はいくつかありますが、初手さえ間違わなければわりと易しいと思います。
posted by YABOO!JAPAN at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログ将棋教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック