2008年06月03日

一粒で二度おいしい

tocbl.jpg 火曜日はグルメの日。なぜなら料理に「火」は欠かせないから。

 一度に2品できる簡単レシピの紹介です。一粒で二度おいしいグリコみたいなメニューです。

tebani.jpg 手羽先と長ネギとショウガの薄切りを何の味付けもせずに約30分煮込みます。写真ではシラタキか春雨が入っているように見えますが、これはシャッタースピードが遅いために、沸騰した泡が流れて筋のように写っただけです。でも、春雨入れてもいいかも・・・。煮込んだら鍋から手羽先だけを取り出し粗熱を取ります。

tebagu.jpg 残った煮汁にはシイタケとチンゲンサイ(他の青菜でもよいそうです)を適当な大きさに切ってぶち込み煮立てます。あ、春雨入れるんだったらここで入れてくださいね。さっきのところで入れちゃうと、手羽先にまとわりついて悲劇的な結果になっちゃいますよ。適当に煮えたところでシオ・コショウ・しょう油で味を調えれば、手羽先出しの中華野菜スープができあがりです。写真を撮るのを忘れました。ま、右上の写真の手羽先の代わりにシイタケとチンゲンサイが入ったものとお考えください。

tebaitame.jpg 粗熱の取れた手羽先はサラダ油を煙が出るほどに熱したフライパンで(もちろん中華鍋のほうが本格的です)こんがりきつね色になるまで炒めます。超強火でこげ目を短時間でしっかりつける方がパリパリとして食感がいいです。手羽先はすでに煮込んであるので短時間でも火が通らないという心配はありません。取り出した手羽先炒めをレタスを敷いた皿に盛りつけ、ごま油・しょう油・ラー油で(好みで五香粉もよい)味付けをしてかぶりつきます。

 以上、コラーゲン無駄なし、超簡単本格中華料理二品のできあがりです。


posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブロググルメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。