2008年06月25日

みずえちゃんカレンダー(その7)

 先週ご紹介した1998年(平成10年)カレンダーのイラスト部分だけを一挙公開します。

9801-i.jpg9802-i.jpg9803-i.jpg

9804-i.jpg9805-i.jpg9806-i.jpg

9807-i.jpg9808-i.jpg9809-i.jpg

9810-i.jpg9811-i.jpg9812-i.jpg

 一部モアレがそのままになっています。お見苦しい点をお詫び申し上げます。


posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

みずえちゃんカレンダー(その6)

1998年(平成10年)のカレンダー一挙公開です。

9801.jpg9802.jpg9803.jpg9804.jpg9805.jpg9806.jpg9807.jpg9808.jpg9809.jpg9810.jpg9811.jpg9812.jpg

 この年は寅年だったんですね。それで1月のカレンダーは獅子舞ならぬ虎舞いです。

 ところで、この年の3月にスキャナーを替えました。その当時の私は「モアレ」という言葉さえ知らず、当然「モアレ除去」なんていう機能があろうなどとは想像だにできず、4月から6月までの3ヶ月間のカレンダーはモアレばっちりのままです。その後「モアレ除去機能」を知って、モアレのないきれいなカレンダーになりました。

 思えば私もまだまだパソコン初心者だったんですね。イラストレーターの伊藤さんから送っていただいた原画もどこにしまったかわからなくなってしまって修正もできないので、そのまま掲載します。オハズカシイ。

 ところで、こうやって1年分並べてみると、懐かしい歌を思い出させるカレンダーがいっぱいありますね。

 1月と2月はちょっと思いつきませんが、たとえば、3月はザ・タイガースの「花の首飾り」(イラストは花の冠ですけど)。4月はるんるんサイクリング、サイクリング、ヤッホー、ヤッホーるんるん(歌のタイトルは忘れましたが、小坂一也という歌手が歌っていた古い歌です)。5月はるんるんぽっぽっぽ、はとぽっぽ、豆がほしいかそらやるぞ、みんなで仲良く食べに来いるんるん。6月はるんるんあれあれあの子はずぶぬれだ、きみきみこの傘さしたまえ、ピッチ、ピッチ、チャップチャップ、ランランランるんるん。7月はるんるんシャボン玉飛んだ、屋根まで飛んだるんるん。8月はるんるんホ、ホ、ホタル来い、あっちの水は苦いぞ、こっちの水は甘いぞ、ホ、ホ、ホタル来いるんるん

 9月のカレンダーで、みずえちゃんとしんくんの後ろにあるのは大きなお月様です。その月を見てウサギが跳ねています。るんるんウサギ、ウサギ、何見て跳ねる、十五夜お月さん見て跳ねるるんるん

 10月もちょっと思いつきません。11月はるんるん枯れ葉よ〜るんるんですかね。でもシャンソンというムードのイラストではありませんね。

 12月のカレンダーは「ママがサンタにキスをした」という歌をもじった「みずえちゃんがしんくんサンタにキスをした」です。るんるん I saw mammy kissing Santa Clausるんるん
posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

みずえちゃんカレンダー(その5)

 今日ご紹介するのは平成9年9月から12月までのみずえちゃんカレンダー(江戸川区一之江にある小児科の瑞江大橋こども診療所オリジナルカレンダー)です。

908_full.jpg909_full.jpg910_full.jpg

911_full.jpg912_full.jpg

 それぞれのイラスト部分もご覧に入れます。

9708b.jpg9709b.jpg

9710b.jpg9711b.jpg

9712b.jpg

 上のカレンダーと見比べればおわかりと思いますが、イラスト部分をただ四角く切り取っただけでは、「何月」という数字が入ってしまいます。この辺はフォトショップで修正して、始めからイラストとして描かれたようにして保存してあります。芸の細かいところもお見逃しなきよう。


posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

みずえちゃんカレンダー(その4)

906_full.jpg スチレンボードに描いたカレンダーを送っていただいたのは前回の平成9年5月まででした。左の画像は平成9年6月のカレンダーですが、この月の分からはA4の紙にプリントと一部貼り付けしたものをお送りいただいて、こちらでスキャンをして保存するという形になりました。

9706b.jpg カレンダーはその月を過ぎてしまうと意味がなくなってしまいますが、イラストの部分はその季節が巡ってくれば何年でも利用することができます。それで、これ以降のカレンダーは右の画像のようにイラスト部分だけ別に保存してあるものもあります。右のイラストなんか「歯磨きプロモーション」用に毎年使えそうですね。

907_full.jpg そして次に登場するのは、平成9年7月のカレンダーです。ジャンジャジャ〜〜ンexclamation×2大きな変化にお気づきですね。そうです。この年の7月からみずえちゃんのボーイフレンドぴかぴか(新しい)「しんくん」ぴかぴか(新しい)が登場したのです。「しんくん」は中川 新といいます。みずえちゃんは大橋瑞江と書きます。英語読みにすると、Mizue Ohashi & Shin Nakagawa。なんのことはない、診療所のすぐ近くを流れる「新中川」とそれにかかっている「瑞江大橋」のことなんですね。9707b.jpg

 そしてこの月以降、カレンダーの中では10年間、こども診療所のキャラクターとしては今もこれからもずっとずっと、二人はいつも一緒に登場することになったのです。あらためて、みずえちゃんしんくんをよろしくお願いします。
posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

みずえちゃんカレンダー(その3)

9702b.jpg9703b.jpg9704b.jpg9705b.jpg

 今日は平成9年2月から5月までのカレンダーをご紹介します。やはり、スチレンボードに描かれています。これらのスチレンボードに描かれた時代のカレンダーはどういうわけかデータの保存がすべてというわけではなく、一部は実物だけが残っています。私自身がまだパソコンを使いこなしていなかったんでしょうね。実物しか残っていないカレンダーは今回新たにスキャンをしてデータとして保存しました。
posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

奇跡のイラスト(みずえちゃんカレンダーその2)

9701b.jpg 今日ご覧に入れるのは平成9年1月のカレンダーを彩ったイラストです。平成9年は丑年だったんですね。そこでシシ舞いならぬウシ舞いのカレンダーです。
 
 時期的にはこのカレンダーも当然スチレンボードに描かれていたものと思われるのですが、どういうワケか、136作品の中でこの月の分だけ、現物もパソコンの画像データも見つからなかったのです。1個だけないというのはすごく気になるもので、あちこちひっくり返して、パソコンの関係なさそうなフォルダーまで開いて一所懸命探しましたがどうしても出てきません。

 イラストレーターの伊藤さんにお訊きすればということはハナから考えていたのですが、折角作ってくださった作品をなくしてしまったなんて申し訳なくて言い出せませんでした。でもやはりあと1作品、どうしても欲しくてついに伊藤さんにメールを出しました。

 伊藤さんのパソコンにも不思議なことにこの月の保存がなかったそうです。そこで伊藤さんは原画が山積みにしてあるところを探してくださり、その山の中で原画を見つけてくださったのです。原画というのはA1サイズ、普段私たちが使っているA4サイズの8倍の大きさです。そしてその写真を撮って送ってくださったのです。

 伊藤さんと私の両方のパソコンに偶然にも保存されず、11年以上もたって原画の形で現れるなんて、まさに奇跡のイラストだと思います。
posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

みずえちゃんカレンダー(1)

 ヤブログコレクションの新シリーズです。

 先週土曜日に一緒に講談を聴きに行ったイラストレーターの伊藤靖子さんが去年の12月までこども診療所のオリジナルカレンダー(みずえちゃんカレンダー)を毎月作ってくださり、こども診療所の受付でもプリントしたものを差し上げたり、公式サイトから皆さんにもダウンロードしていただいていたことはまだ記憶に新しいと思いますが、なんとこのカレンダー、10年以上も続いていたんです。

 こども診療所がオープンしたのは平成8年5月1日です。そしてその年の9月には伊藤さんがみずえちゃんカレンダーを作ってくださり、その後平成19年12月までの136か月間、1回も欠かさず作り続けてくださったのです。

 この136作品をすべてご紹介していこうと思います。もちろん一挙公開というわけにはいきませんので、毎週少しずつご紹介します。第1回の今週は、平成8年9月から12月まで、みずえちゃんカレンダースタート直後の4作品です。

9609b.jpg9610b.jpg9611b.jpg9612b.jpg

 この当時のカレンダーはスチレンボートという、建築家が建物の模型を作るときに使う厚さ約5mmの素材の上にプリントされていて、それをスキャンしてパソコンに保存しておいたのです。

 でもなんかキャラクターがさびしいと思いませんか?そうなんです。いつもみずえちゃんと一緒のしんくんがいませんね。そうなんです。この頃はまだしんくんは誕生していなかったんです。いつ頃登場するか楽しみにお待ちください。
posted by YABOO!JAPAN at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

慈母観音を展示しました

 秩父巡礼もどきでご紹介いたしました「慈母観音」の版画を額に入れて、こども診療所の待合室に展示しました。待合室から診察室に入るドアのすぐ右横の壁に掛けてあります。ご来院の節は是非ご覧ください。

jibokannon.jpg

 慈母観音が安置してあるお寺や慈母観音の由来については5月1日掲載の記事「秩父のおっぱい観音」をご覧ください。

 額は去年までこども診療所オリジナルの「みずえちゃんカレンダー」を飾っていた額がぴったりでした。
posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

イルカの母と子

 今日は動物家族シリーズの最終回です。そしてまたヤブログコレクションをご紹介してきたこのカテゴリーの最終回endでもあります。5月1日のブログでもお話したように、もうご紹介するコレクションがなくなってしまったのです。

 最終回を飾る動物の親子はインドネシアからはるばるやってきた高さ約110cmのイルカの木像です。重さは21kgあります。

dolphin.jpg

 母イルカ(たぶん)のまわりを数匹の子イルカが泳ぎ回って遊んでいる構図の一本作りの木像です。このイルカの母と子が、こども診療所に到着するには長い長い時間時計がかかりました。

 私がこの像に初めて出会ったのは、1992年頃、ヤブログコレクションの第1号作品をタンザニアで見つけた頃だったと思います。ジャカルタのメインストリートにある大きなデパートの民芸品売り場に展示してありました。値段は35万ルピア、当時の為替レートで約5万円、大きさを考えれば決して高い買い物ではないように思えました決定。でも大きすぎてどこに置いたらいいのか考えつかず、見合わせることにしました。

 その後もジャカルタへ行くたびにこのデパートに立ち寄るのですが、いつになっても売れずに残っています。そのうち1996年には私がこども診療所を開業し、待合室にぴったりの像としていよいよ本気で買いたくなってきました。

 でも運搬手段(もちろん値段が問題)がなくて、買いそびれていたのですが、あるとき、オーマイゴッド、ジャカルタにある日本大使館に出向なさっていた厚生省のお役人が、任期満了で帰国なさる時期にジャカルタを訪問したのです。私はその方にお聞きしました。「引越し費用は公費ですか?」答えは「ぴかぴか(新しい)イエスぴかぴか(新しい)」。

 その答えを聞くや否や私はあのデパートへ飛んでいきモバQ、イルカの像を買ってきました。その後の為替変動で、値段は約4万円になっていました。そしてこれをその方の家財道具として厚生省の費用で日本に運んでもらったのです船。親切にもその厚生省のお役人はご自宅からこども診療所までイルカの像を運んでくださいました車(セダン)。約10年前のことです。わーい(嬉しい顔)

 もう一度ご覧ください。4万円ポッキリでインドネシアから入手したイルカの像です。

dolphin.jpg


 ご覧に入れるヤブログコレクションはこれですべてです。長期間ご覧いただき有り難うございました。しばらくお休みとさせていただきますが、また新しいコレクションを入手したときには臨時で掲載したいと思います。それまで楽しみにお待ちください。
posted by YABOO!JAPAN at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

秩父のおっぱい観音

bookmark.jpg 秩父札所めぐりの中のあるお寺に赤ちゃんにおっぱいを飲ませている観音様があるという話は、15年以上前から知っていました。埼玉県で母子保健のボランティア活動をなさっている女性の方が、私のおっぱい人形コレクションを知って教えてくださったのです。

nra.jpg 一度は行って見てみたいと思いつつ今日まで来てしまったのですが、このブログでご紹介するコレクションがなくなってしまったので、新しいネタ探しのつもりで行ってきました。

 午前10時30分池袋発西武特急ニューレッドアロー号で約1時間半、秩父の玄関口である西武秩父駅に到着しました。どこのお寺に目的のおっぱい観音が安置されているのかは事前に調べてありましたが、それだけではもったいないので、橋立の鍾乳洞も訪ねてみることにしていました。まずはそちらへ向かったのですが、その話はまた後日。

kinshoji.jpg 秩父鉄道秩父駅近くのラーメン屋で濃厚なとんこつラーメンを食べてから、西武観光バス(路線バスです)の西武秩父発定峰行きに乗り込み、約15分後に目的の金昌寺バス停に到着します。バスを降り、田舎道を約5分歩くと写真のように大わらじを飾ってある金昌寺の山門に着きます。

kan-non1.jpg 目指すおっぱい観音は正しくは「慈母観音」といい、本堂の横に安置されてあり、自由に触ることができます。本堂の中には室町時代の作といわれるご本尊の十一面観音が安置されていて、この慈母観音はご本尊ではありません。

kan-non2.jpg 寛政四年(1792)江戸の吉野家半左衛門の寄進といわれています。半左衛門夫婦は本尊の十一面観音のご利益でこどもを授かり、大切に育てていましたが、かわいそうなことにこどもは幼くして病死してしまいます。あの世で十分におっぱいが飲めるようにと、半左衛門が江戸の彫師に彫らせた石像を寄進したと伝わっているそうです。

 観音様が乳首をあらわにして赤ちゃんに乳を含ませるなんてことはどの仏教説話にもないでしょうが、この観音様の顔は幼ささえ感じさせる優しい表情をしています。どこか広隆寺の阿弥陀如来像に通じるものがあるように思えます。


 金昌寺は子育て祈願のお寺ということで、境内にはこどもを抱いた、あるいは回りでこどもたちが遊んでいるようなお地蔵様が何体かありました。
jizo1.jpgjizo2.jpgjizo3.jpg

hanga3.jpg また、慈母観音の周りにはそっくりに作られたミニチュアが納められていましたので、納経所で入手できるのか尋ねたところ、制作者が亡くなってしまって今では入手できなくなってしまったとのことでした。

ema1.jpg 仕方がないので、慈母観音の絵馬(写真左)と版画(写真右)をヤブログコレクションに加えることにしました。さすがに絵馬を、こども診療所に飾るわけにはいきませんが、版画の方はそのうち額装してからご覧いただけると思います。
posted by YABOO!JAPAN at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

動物家族(4)

今週の動物家族は動物園にいる動物たちの家族をご紹介します。
animals01.jpganimals02.jpg



パンダ・キリン・ゾウ・シマウマ・ワニです。
panda.jpgkirin.jpg
zou.jpgziraf.jpg
wani.jpg
posted by YABOO!JAPAN at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

動物家族(3)

今週の動物家族は家畜(ニワトリ・ブタ・ウシ)の家族をご紹介します。
家畜というより食肉用レストランの動物という感じですかね。わーい(嬉しい顔)
animals01.jpganimals02.jpg




 今週も説明は不要でしょう。写真だけご覧ください。

cock.jpg
pig.jpg
ox.jpg
posted by YABOO!JAPAN at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

動物家族(2)

 今週の動物家族はイヌの家族とカエルの家族をご紹介します。
animals01.jpganimals02.jpg




 今週も説明は不要でしょう。写真だけご覧ください。

dog1.jpgdog2.jpg


flog1.jpgflog2.jpg


flog3.jpg 最後のカエル家族だけちょっと説明させてください。この家族のお父さんカエル(一番左)は、こども診療所公式ホームページのサイトトップにあるこのヤブログへの入り口に寝そべっているカエルです。
posted by YABOO!JAPAN at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

動物家族(1)

animals01.jpg 以前ゾウの赤ちゃんがお母さんゾウの顔の下からおっぱいを飲んでいる木彫りの像(タイのお土産)をご紹介しました。それに比べるととてもコレクションとは言えないようなものですが、動物の家族の人形もたくさんあります。

animals02.jpg すべてインドネシアで買ってきたものですが、「動物家族」として売っていたのではなくて、大・中・小別々に大きな籠にワンサと入れて売っていたのを私が勝手にお父さんとお母さんとこどもと見立てて買ってきたものです。

  こども診療所の、予防接種をする部屋と感染症の診察をする部屋の間の壁に常時飾って(置いて?)あります。

 今回はまずネコの家族をご紹介します。最後の素焼きのネコ以外はすべて木像です。特に説明も必要ないと思いますので写真だけご覧ください。ソファーはこの動物たちとは全く関係なく別の売り場で見つけたので色違いを何個か買ってきました。偶然とはいえサイズ的にぴったりだったのです。

cat4.jpgcat2.jpg

cat3.jpgcat1.jpg

cat5.jpg

posted by YABOO!JAPAN at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

日本の母子像・家族像

 これまで世界各国のおっぱい人形・母子像・家族像をご覧いただきました。では日本製のものはどうなのかといいますと、母と子というのは博多人形などではよく見かけるモチーフなので、わざわざ探さなくても・・・という感じで特別に気をかけたことはありません。ヤブログコレクションには宇賀地(現姓=内田)洋子さんとおっしゃる日本人彫刻家の版画の作品が2点と、彼女の個展のお知らせにいただいた葉書を額に入れたもの2点があるだけです。

ugachi3.jpg 宇賀地さんは母と子をテーマにした作品を数多く創作なさっています。左の写真は「子は母の背中で夢を見る」という木版画の作品です。お母さんがまるで雲のような柔らかさで現されていて、赤ちゃんが雲の上で遊んでいる夢を見ているような作品です。待合室から診察室に入る中待合いの壁に常時展示してあります。

ugachi4.jpg 右の写真は「たちつてと」というやはり木版画の作品です。原題はハングル文字(多分)で書かれていますが、作品はひらがな(日本語)のた・ち・つ・て・との文字の形をお母さんと赤ちゃんで描いています(一番上が「た」でそこから左回りに「ち」「つ」「て」「と」です)。この作品は授乳室という来院なさった方が赤ちゃんにおっぱいを飲ませたり、生後間もない赤ちゃんの待合室に使ったりする部屋に常時展示してあります。

ugachi1.jpg 左の写真は宇賀地さんの個展のお知らせの葉書を小さな額に入れたもので、家族の像の彫刻(の写真)です。宇賀地さんの作品にはマシュマロのような質感が感じられます。

 ここまでは宇賀地さんにお子さんが生まれるまでの作品でした。中待合室に常時展示してあります。

ugachi2.jpg 右の写真はやはり個展のお知らせの葉書(版画の写真)ですが、お子さんが誕生したあとの作品です。作風が変わったことに気づかれると思います。お子さんに対する愛情が現実味を帯びて感じられます。マシュマロのような質感も残ってはいますが、実際にお子さんを育て始めるとマシュマロだけではやっていけないということでしょうか?上の葉書そして最初の木版画と同じように、中待合室に常時展示してありますので、この違いをご覧下さい。
posted by YABOO!JAPAN at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

タンザニアの家族像

tanzfamily.jpg この家族の像は去年の5月に日比谷公園で開かれたアフリカンフェスタで見つけたものです。会場に入ってすぐのところにあったあるNGOのブースでタンザニアの民芸品として販売していました。10何年ぶりに見るタンザニアの木彫りの像に目がくらみすぐに買ってしまったのですが、会場奥にあるタンザニア大使館の公式ブースには、ほとんど同じデザイン・ほとんど同じサイズで彩色を施してあるものが陳列してありました。この像よりも遙かにきれいで、「早まった〜」とガックリきましたが、我が家で他のコレクションと一緒に並べると逆に彩色のあるものだったら浮いてしまったかもしれません。(像の高さ=24.5cm)

 この家族像のモデルは、顔の形や背の高さから見て、マサイ族だろうと思われます。私がタンザニアを訪れた15年前には、マサイ族の家族がこうやって連れ立って歩くなんていう光景を見たことはありません。マサイ族の男は男同士で連れ立ってゆっくりゆっくり歩いていました。15年の間にマサイ族の社会にも近代化の波が押し寄せてきたのでしょうか?
posted by YABOO!JAPAN at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ヴィエトナムの家族像

vietnam1 この絵皿は、おっぱい人形のシリーズの中で一度紹介したことがあります。その時の解説に「おっぱいをあげているお母さんと赤ちゃんのそばでお父さんが扇子で風を送っているという心温まる構図ですが、絵であるが故にお父さんを描き足すことができたわけで、おっぱい人形にお父さんが登場することは滅多にありません。」と書きました。

 今までご紹介してきた家族像は(1)赤ちゃんを抱いたお母さんのそばにお父さんがいる、(2)両親の間にこどもが立っている、のいずれかでした。50点近いヤブログコレクションの中でも、授乳中のお母さんのそばにお父さんが登場する作品は唯一この絵皿だけです。とても貴重なので再度掲載いたしました。(皿の直径=20.5cm)

 入手のいきさつなどは2007年8月8日掲載のヤブログコレクションをご覧下さい。

posted by YABOO!JAPAN at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

インドネシアの家族像(4)

indonesia12.jpg この絵はインドネシアの漁師の家族を描いたもののようです。あるいは海辺にすむ家族かもしれませんが、こどもはずいぶんと大きくなっています。親子3人が乗っているのは大きなシャコ貝でしょうか?お母さんとこどもの頭には魚が載っています。お父さんの頭の上は果物のようです。

 インドネシアは1万3千余の島々から成り、その島その島に独特の織物や染め物があります。その柄でだいたいどの地方のものかわかるのですが、この絵は特に地方を意識して描かれてはいないようです。真ん中のこどもの腰布は斜めの模様で、ジャワ島のバティックの特徴があり、お母さんの横縞はインドネシアのかすり織りイカットの模様のようです。お父さんの縦縞はインドネシアではあまり見かけません。

 この絵はこども診療所の診察室入り口の右の壁に常時飾ってあります。(絵のサイズ=14cm×19cm)
posted by YABOO!JAPAN at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

インドネシアの家族像(3)

indonesia10インドネシアへはもう30回近く行っていますので、おっぱい人形、母子像、家族像もたくさんあり、コレクション中最大派閥を形成しています。

 ところで、インドネシアはまだまだ発展途上の国で、子育てに関しても、医学的には問題のある古くからの慣習が残っていたりして、保健省(日本の元厚生省にあたる)では、様々な機会を捉えて正しい育児知識の普及に努めています。

 この絵は、家の中に父と母と子が座っていて、高いところにある窓からはさわやかな風が吹き込んでいます。「風通しのよいところで育児をしましょう」という啓蒙的な絵画なのかもしれませんが、お母さんの膝の上の赤ちゃんには古い慣習が残っているようにも見えます。(絵のサイズ=30cm×40cm)

 インドネシアのジャワ島では、生まれたばかりの赤ちゃんを、両脚を伸ばした状態でバティックの布でぐるぐる巻にする風習があります。日本では先天性股関節脱臼の予防のために、赤ちゃんのおむつはゆるいあておむつにして、両脚がM字型になるように寝かせるよう指導していますので、18年前にジャワ島の病院で初めてこのような赤ちゃんを見て思わず産婦人科の医者に「こんなに脚を伸ばして股関節脱臼になりませんか?」と尋ねてしまいました。インドネシア人の医者は「ゼ〜ンゼン」と素っ気なく答えました。股関節脱臼が日本人に多いのは事実ですが、こんなにも人種差があるものかと感心したものでした。

 絵の中の赤ちゃんはバティックではなく白い布で巻かれていますし、手足が描かれていますのでぐるぐる巻ではないのかもしれませんが、ジャワ島東部、スラバヤという町のお土産屋さんのギャラリーでこの絵を見つけたときには、18年前の病院での記憶が瞬時によみがえりました。もしかするとこの慣習は古いものだけど害がないということで、インドネシア保健省も認めているのかもしれません。

 この絵は、こども診療所の玄関を入ってすぐ左側の壁に常時飾ってあります。
posted by YABOO!JAPAN at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

インドネシアの家族像(2)

indonesia04 最近おなじみになってしまった抽象的な家族の像です。どこの国のものか見ただけではトント見当がつかなくなってしまいました。それでもどこかそれぞれの国の個性がにじみ出ていて、インドネシアのお土産屋さんを何度かのぞいたことのある人だったら、「ああ、インドネシアらしいな」と思うかもしれません。(像の高さ=19cm)

 父と母とこどもの三人組ですが、赤ちゃんを抱いているのは母親でしょう。この手の三人組の像で、父親が赤ちゃんを抱いて、となりに母親がいるという構図にはまずお目にかかれません。

 現在こども診療所の展示スペースにはお雛様が飾られてしまってこの像を展示することができません。いずれ展示いたしますのでそのときにご覧下さい。
ラベル:家族 彫刻 木像
posted by YABOO!JAPAN at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。