2011年01月02日

バーナーを買いました!

cupid.jpg 大トロはもろ刺身より炙ってから食べるほうが美味しいですよね。

 炙りにはガスの火を使うのも一つの方法ですが、バーナーを使って炙るのがなんといってもプロっぽいですよね。

 もう何年も前からズゥ〜〜ッと欲しい欲しいと思いつつ買わずにいましたが、昨晩の大トロのあまりの脂っこさにサクの3分の2は残っているのです。これは今買うしかないと思って買ってきました。

sechi201.jpg

 我が家で使っている卓上ガスコンロのボンベがそのまま使える便利なバーナーです。

sechi202.jpg

 火力も結構強そうです。

sechi203.jpg

 暗いところで撮影するとご覧の通りです。

 そしてその作品は?

 その前に、他の二品をご覧下さい。

sechi204.jpg sechi205.jpg
 ローストビーフとエビの塩焼きです。ローストビーフは出来合いですが、エビは塩をふって我が家で焼きました。

 そしてバーナーの初仕事、炙り大トロの握り寿司です。

sechi206.jpg





ラベル:グルメ
posted by YABOO!JAPAN at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

我が家のクリスマスディナー

cupid.jpg 世間一般に12月24日の夕食をクリスマスディナーと呼ぶことが多いようですが、12月24日はクリスマスイブ、25日が正しいクリスマスの日です。

 それで我が家では25日にクリスマスディナーを作りました。今年のクリスマスは土曜日、ですからサンデークッキングと言えませんが、ヤブログに掲載したのは日曜日ですから、その辺はおおめにみて下さい。

 先月のシャリアピンステーキ以来のクッキングで、今回は品数が多いので段取りの悪さに我ながらガックリきました。たまにしかやらないと段取りがどんどん悪くなるんですね。今夜のメニューはほとんどが調理時間10分以内と書いてあったのですが、一品を作るのに30分ぐらいかかってしまいました。

x1.jpg

クリスマスディナーの全景です。和食が好きな私ですが、やはりクリスマスに和食というのはねぇ。というわけで洋風料理と相成りました。

4品のうち右上のチキン以外は味の素のサイトからヒントを得ました。料理名を検索するとちゃんとレシピページにたどり着きます。一応リンクも貼っておきます。

x4.jpg

「マグロのアボカドソース」
つぶしたアボカドとマヨネーズを混ぜ、レモン汁と練りわさびを加えソースの上にづけマグロを載せ、さらに大葉の千切りを天盛りにしただけの超簡単レシピです。そして超ウマです。レシピにはまぐろのさくと書いてありましたが、江戸川区に住んでいれば絶対にヤマイチの切り落としです。そのまま使えて美味しいです。しかもほとんど毎日売っています。切らしたことがありません。

x3.jpg

「手羽元のローストチキン」
このレシピはクックパッドの投稿レシピです。クレソンとジャガイモを添えました。

x5.jpg

「ほうれん草と長いものスープ」
このレシピはどちらかというと中華風です。レシピでは鶏ガラスープを使うと書いてありましたが、ローストチキンを下ゆでしたスープが残っていたので、使い回しメニューとして加えました。いい出汁が取れましたが、その分ローストチキンのうまみが逃げちゃったかな?チキンを下ゆでせずに作る方法もあるそうです。

x2.jpg

「トマトとカラーピーマンとベーコン・チーズのトースト」
レシピにはスライスチーズとベーコンを使うと書いてありましたが、冷蔵庫にKiriのクリームチーズ(ハーブ&ガーリック)とロースハムが残っていたので、こちらを使いました。ハムとベーコンの比較は出来ませんが、チーズはハーブ&ベーコンの味の方が合っているのではないかと思います。

x6.jpg

そしてクリスマスディナーを彩るシャンペンはチリ産のピンクのシャンペン「SUNRISE」です。ヤマイチで1000円以下で買える安いシャンペンですが、なかなかに美味しかったです。


ラベル:グルメ
posted by YABOO!JAPAN at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

シャリアピンステーキ

cupid.jpg8月1日以来、3ヶ月半ぶりにサンデークッキングをしました。

ダイエットの成果があまり挙がらないので、尿酸値を下げるクスリを飲み始めたらあっという間に尿酸値が正常範囲に戻りました。クスリってすご〜い手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

というわけで今日はシャリアピンステーキに挑戦です。食べたことはありますが、自分で作るのは初めてです。

参考にしたレシピはこちら。レシピサイトにはいろんな作り方が載っていましたが、一番シンプルなのを選びました。

shari2.jpg


とっても簡単といってしまえば簡単なのですが、私はオニオン・ソテーだけは自信があります。

レシピにはよく「全体が色づくまで・・・」と書いてあります。始めのうちは私もそれに忠実にやや弱めの火でしょっちゅうかき回しながら均一に焦げ色がつくようにやっていました。でもこれだと焦げ味が強すぎるんです。全体が焦げちゃうから・・・。

私のやり方は、フライパンいっぱいに広げたタマネギのみじん切りを、超弱火で何も手を加えずにじっと焼きます。周囲に焦げ色が見えてきたらかき回してまた広げ、そのまま放置します。これを何回か繰り返すと、焦げたタマネギと焦げていないタマネギが微妙に調和してとてもおいしいオニオン・ソテーが出来るんです。

ぜひ、お試し下さい。


shari1.jpg


サラダのレシピはこちらです。

トマトとキュウリに粒マスタードの入ったドレッシングをかけてカリカリに揚げたニンニク・スライスを載せるだけの超簡単サラダです。

私は山盛りサラダが好きなのでちょっと物足りなかったですが、ドレッシングの味は変わっていておいしかったです。


shari3.jpg shari4.jpg

パンは以前食べ残しを冷凍したのを解凍し、軽くトーストしました。そしてこの写真のバターを付けて食べます。

エシレバターという発酵させたバターでちょっとすえたような感じのバターです。写真だとサイズがわかりませんが、これで50グラムです。そして値段は500円近くします。

値段だけの味はすると思いますし、ステーキですからね、ちょっとは奮発しないと・・・。

ワインもボルドーの赤ワインでした。奮発した?

いいえ、友達にもらったワインでした。

イヤイヤ、おいしかったけど、明日の体重が心配だな〜。


ラベル:グルメ
posted by YABOO!JAPAN at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ナツはナス

cupid.jpg このところ予防接種に振り回されています。Hibワクチンに公費補助が出るようになったり、日本脳炎の勧奨接種が再開されて接種票が大量に郵送されたり、7月には突然降って湧いたように子宮頚癌ワクチンの公費接種が始まったりで、週末にはぐったり疲れてしまいなかなかクッキングをする気になりません。(その割にはいろんなとこへ出かけてますが・・・)

 でも夏休みに入ったおかげで、一般の病気の診療に見えるお子さんの数が減り、少しは元気が出てきました。それで腕が鈍らないように久しぶりにサンデークッキングをやってみました。

 高尿酸血症から尿酸結晶尿が出るようになり、7月に入ってからプリン体撲滅大減量作戦を始めたので、食材は野菜が中心になります。

 夏の野菜といえばやっぱりナスですね。独断と偏見ですが・・・。

 ナスを使った料理は山ほどありますが、今日は40年ほど前、まだ学生だった私が弟と一緒にアパートに住んでいた頃時々作ったナスの肉詰めを再現してみることにしました。

 このレシピをどこで覚えたかも忘れてしまいましたし、作り方も忘れてしまったかもしれないので、「ナスの肉詰め」で検索をしてみました。全く同じレシピというのは見つかりませんでしたが、似たようなレシピが「COOKPAD」で一つとNHKの「今日の料理」で一つ見つかりました。参考になさるのでしたら色文字をクリックしてください。NHKのほうは肉詰めではなくご飯詰めです。COOKPADのほうは肉詰めなのですが、どちらもナスの中身をスプーンでくりぬくところが共通しています。

 COOKPADとの大きな違いは、私のレシピではくりぬいたナスをみじんにして肉と混ぜるところです。材料を無駄なく使えますし、肉が少なくてもボリュームを出すことができます。それから、40年前には電子レンジなんてありませんでしたから、私のレシピでは電子レンジを使いません。

 材料はナスと合い挽き肉で、ナス1本につき肉50グラムから80グラムぐらいの見当です。塩こしょうで適当に味付けをしたナスと肉のミックスをナスの皮に詰め、油を引いたフライパンでナスを下にして蒸し焼きにしたあと、グリルで肉を上にして(肉に火が当たる向きで)焼きます。フライパンでひっくり返してもいいのですが、肉がこぼれてしまうのでこのような方法を採ります。

 肉に火が通ったら(フライパンでかなり火が通りますから表面に少し焦げ目がつく程度)お皿に盛りつけて小ネギをちらし、めんつゆの素を振りかけて食べます(写真左)。濃いめの味がお好みでしたら、ナスと肉のミックスにもめんつゆの素を入れるとよいでしょう。

06273.jpg06271.jpg06272.jpg

 他の2品は「今日の料理」のサイトでたまたま見つけました。作り方はサイトをご覧下さい。写真中が「もやしとカニかまのサラダ」と写真右が「夏の香味野菜の冷たい汁」です。料理名をクリックするとレシピにリンクしています。

 お試し下さい。


ラベル:グルメ
posted by YABOO!JAPAN at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

つまめるつまみ

cupid.jpg 3月に入り時間の余裕ができたせいか、今月2回目のサンデークッキングです。昨日の日曜日に作りました。このブログでも何回か紹介した料理上手のタイ人の奥さんが、もちろん旦那も一緒ですが、久し振りに帰国なさったので、今回は私がご馳走をすることになりました。いつもお互いに昼食にご招待することになっていますので、朝7時に起きて作り始めました。

 しばらくおもてなし用のクッキングをしていなかったので、果たしておいしくできるか不安でしたが、プロ級の腕前(?)を信じて取り組むことにしました。

tsumami1.jpg さて、どんなメニューにしようかという段になって選んだのがこの本です。タイトルは「つまめるTSUMANI」(藤井 恵著・文化出版局・¥1,500)です。つまみばっかりの本ですが、お招きしたご夫婦は二人とも一滴も酒を飲みません。酒を飲まないから、逆にこの手の料理は珍しいだろうと思ったのです。

 全部で7品作りましたが、例によって写真の撮り忘れが3品あります。

tsumami3.jpg まず、マグロの刺身とアボカド。木の芽を散らしてあるのと、タレがバルサミコ酢醤油という点がちょっと変わってます。わさびは使いません。バルサミコ酢と醤油は同量ずつ混ぜます。マグロとアボカドの組み合わせはどこにでもありますが、バルサミコ酢醤油が珍しかったので作りました。

 次は、豚しゃぶの白菜キムチ巻き。豚しゃぶ肉をさっと湯がいて水気を切り、市販の白菜キムチを適量ずつ巻いていきます。まぐろとアボカドのように楊枝を刺してもいいのでしょうが、本に書いてある通りに万能ネギで1個ずつ巻いて結びました。ねぎは結びやすいようにお湯を通して柔らかくします。このネギ結びが一番手間がかかりました。なんせ21個でしたから・・・(写真左が21個の全景です)。

tsumami4.jpgtsumami5.jpg

tsumami6.jpg 次は、カリフラワーのエスニックフライ。塩を振って下味を付けたカリフラワーにカレー粉入りのコロモをつけてカラッと揚げるだけです。オリジナルはカレー粉ではなくて、クミンパウダーとコリャンダーパウダーを使うことになっていましたが、今後二度と使いそうもないものを買うのはもったいないのでカレー粉にしてしまいました。けっこう評判よかったです。

tsumami7.jpg その次は、ネギ味噌の油揚げ巻き。油揚げを開いて内側に味噌を塗り、万能ネギ(オリジナルはアサツキでした)を細かく小口切りにしたものを散らしてぐるぐる巻きにし、オーブンで焼きます。250℃で約6分焼きました。まさに酒のつまみという感じの味でした。

 その他に、塩鮭を酒に浸してからグリルで焼き、大きめにほぐしただけというつまみと、ホタテに粒ウニと生クリームとマヨネーズを混ぜたものを塗ってオーブンで焼いたウニホタテと、ゆでたソーメンをコチュジャンベースのたれであえて、細切りのキュウリとゆでた牛肉をのせ、サンチュで巻いて食べる韓国風ソーメンを作りましたが、写真を撮り忘れました。

 一品一品は短時間で出来るものばかりで、本のタイトル通り指でつまんで(または楊枝で刺して)食べることも可能なサイズなので、酒のつまみとしてはうってつけだと思います。お試しください。

posted by YABOO!JAPAN at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

鶏団子?ミックス団子?

cupid.jpg 3月に入って感染症はめっきり減り、新型インフルエンザの予防接種をご希望の方もほとんどなくなり、久しぶりに余裕の週末を迎えました。そこで、去年の11月23日以来、3か月半ぶりのサンデークッキングです。

 きっかけは相棒の「ちゃんこ鍋ってどういうもんなの?」という質問です。「相撲取りの食事だよ」とあたりさわりのない返事をしたものの、相棒が中身のことを知りたがっていることはわかっていましたから、ネットで調べてみました。

 そこで見つけたのがこのレシピです。元相撲取りのブログなので、すごく豪快なちゃんこ鍋ばかりです。材料も5〜6人前って書いてありますしね。

 何種類かのちゃんこのレシピが掲載されていましたが、私が着目したのはこの鶏団子ちゃんこです。鶏団子鍋は昔からよくやっていたので興味をそそられたというところです。

 読んでビックリ玉手箱。鶏団子というのにむきエビやらイカやらが入ります。面白そうなので作ってみました。特に見て面白いものでもないので写真はなしです。2〜3人前用に作るときのヒントだけ書きます。

 レシピでは本物の鶏ガラを使うことになっていますが、ここはもちろん鶏がラスープの素で代用です。

 むきエビとイカは別個に買うと量がが多すぎるので、冷凍のシーフードミックスを使いました。エビとイカとホタテと貝柱が入っていましたが、レシピ通りエビとイカだけ使いました。でも、ホタテも貝柱もごっちゃに入れてしまったほうがおいしいかもしれません。

 鍋に入れる具は、レシピ通りだと家庭用の鍋には多すぎると思います。我が家では白菜だけを入れました。

 薬味はきざみネギとゆずこしょうがぴったりだと思います。

 とにかく鶏団子がうまいです。特にごぼうのサクサク感がよかったです。ごぼうは水につけてアクを抜くより、下ゆでしながらアクをすくうほうがいいと思います。

 材料を3分の1から4分の1にして、さらに白菜だけにしても大満腹でしたから、5〜6人前と書いてあるのは、相撲部屋で食べるときの5〜6人前ではないかと思います。その点要注意です。お試しください。

posted by YABOO!JAPAN at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

鴨料理

cupid.jpg 新型インフルエンザの診断と治療、さらにはさまよえる新型インフルエンザワクチンの接種に振り回されてこのところクッキングするヒマもないほどでしたが、鴨を1羽丸ごといただいたので、昨日の日曜日鴨料理に挑戦してみることにしました。

kamo1.jpg 高校時代にニワトリを1回だけ絞めたことはありますが、鴨は初めてです。とはいっても羽むしりや産毛焼きまで済んだ状態でいただきましたので、料理の参考にしたサイトには「ここまでくれば終わったも同然」と書いてありました。右の写真がその終わったも同然の鴨の姿です。ここから私の料理が始まりました。

kamo2.jpg 約1時間かかってやっと解体作業が終わりました。途中経過はあまりお見せできません。かなりグロです。左から胸肉、ささ身、手羽先、一番右の上がもも肉、右下が砂肝です。残ったのがトリガラならぬカモガラですが、こちらもナマのままでの写真掲載ははばかられます。

kamo3.jpg それで、鴨鍋用の出しにガラを煮込んだ写真をご覧ください。ネギの長めのぶつ切りとショウガの薄切りを入れて臭みを消しながら煮込みます。アクがものすごくいっぱい出ました。これからすくうところです。サイトには最低でも4時間は煮込むと書いてありましたが、この時点ですでによる8時を回っていましたからとてもそんなには煮込めません。

kamo4.jpg ガラを煮ている間に、胸肉をそぎ切りにして酒としょう油で味付けし、冷蔵庫に入れました。これも2〜3時間寝かすと書いてありましたが、とてもとても・・・。次に砂肝を調理しました。切ってみたらホントに砂が入っていたので感心しました(写真の左)。砂肝は一口大に切ってフライパンでショウガと一緒に(もちろんショウガが先)炒め、酒としょう油を適当にふりかけて蒸し煮にし、最後に強火で水分を飛ばしておつまみにしましたが、もうこの頃にはおなかペコペコで写真を撮るのも忘れてペロッと食べてしまいました。

kamo5.jpg 午後9時を回ってもう我慢の限界ということで、胸肉の調理に取りかかりました。冷蔵庫で寝かしておいた胸肉を斜め薄切りにしたネギと一緒にサラダオイルで焼きます。ネギには味は付けません。鴨肉と一緒に食べます。鴨肉は焼きすぎるとすぐに固くなるというのでレアな感じで火を通します。薬味には七味唐辛子とゆずこしょうと大根おろしを用意しました。相棒はゆずこしょうがお気に入り、私は大根おろしと唐辛子のミックスがよかったです。

kamo6.jpg そうこうするうちに午後10時、ガラの煮込み時間はサイトレシピの約半分の時間ですが鴨鍋を始めました。手羽先・もも肉ともに調理法が書いてありましたが、もうそんな気力もなく、出しとして鍋に入れてしまいました。野菜はもちろんネギですが、ごぼうも必ずと書いてありました。あとは何でも、というので残り物の野菜を全部入れました。

kamo7.jpg 味付けは酒としょう油にみりんと砂糖を加えるという超甘めですが、これが濃厚な鴨ガラスープの味によくマッチしてました。鴨ガラスープに比べたら鶏ガラなんて味がないも同然と書いてありましたがホントにその通りだと思いました。

 鴨肉はどこにあるの?とお思いでしょうが、とにかく早めに食べないと固くなってしまうので一切れずつ入れては食べ入れては食べという感じです。最後はもちろんうどんで締めて、食事が終わったのはもう日付も替わろうかという深夜でした。

 最高にうまかったですが、合鴨でもいいから人が作ってくれた鴨料理のほうが楽ですね。


ラベル:グルメ 鴨鍋
posted by YABOO!JAPAN at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

お月見献立

F1000113.JPG 10月3日は旧暦の8月15日、十五夜=中秋の名月です。実際の満月は翌日の10月4日のようですが、やっぱり八月十五夜という言葉にそえば3日のほうがぴったりですね。

 左の写真はこども診療所オリジナルのれんの一つで、インドネシア製のバティックです。ジャカルタのバティック屋さんに特注して作りました。 

F1000106.JPG 今日のサンデークッキングはネットでみつけたお月見献立です。八月十五夜は別名「芋名月」とも言うそうで、芋12個(閏年は13個)をお供えする風習があるそうで、お月見献立も芋(里芋)中心に二品、豆腐料理一品、そして栗おこわという構成でした。芋料理は古式に則って(?)二品併せて12個の里芋を使いました。

 それでは一品ずつご紹介していきましょう。サイトは個人のホームページのようで、カロリーなんかは書いてありませんが、見た感じではダイエット効果もありそうです。直接サイトをご覧になる方はこちら

F1000107.JPG まずは「小芋の田楽」。
《材料》(4人分)小芋(小さめの里芋)12個、田楽味噌(赤みそ・さとう・酒・みりん・卵黄1個分)(分量は書いてありませんでした)、白ごま
《作り方》里芋は皮をむいて下ゆでしたものを買ってきてしまいました。田楽味噌の材料を混ぜ、こげないようにかき混ぜながら火にかけねっとりするまで煮ます。里芋をグリルで焼き、味噌を載せ、白ごまをふって、ハイ、出来上がり!
《私の感想》田楽味噌の分量が書いてなかったので不安はありましたが、何とかそれらしい味になりました。

F1000109.JPG 続いて「小芋となすの炊き合わせ」。
《材料》(1人分)小芋(小さめの里芋)3個、なす2個、よもぎ麩1/4本、だし汁、さとう、しょうゆ、みりん(調味料の分量は書いてありませんでした)
《作り方》里芋は皮をむいて下ゆでしたものを買ってきてしまいました。なすは写真で見る戸小なすのようでしたが冷蔵庫には大きななすしかなかったのでそれを8つに切り、飾り包丁を入れて水にさらしました。よもぎ麩もスーパーになかったので家にあった花麩で代用です。里芋と花麩を好みの味付けで炊き合わせ、なすは別の鍋で炊きます。一緒に盛りつけて、ハイ、出来上がり!
《私の感想》このホームページの作者は京都の人なので炊き合わせの材料が豊富なんでしょうけど、東京ではレシピ通りにとても作れません。味付けも適当でしたが、そこそこに薄味の炊き合わせっぽい味に仕上がりました。

F1000109.JPG 次は「お月見豆腐」。豆腐に卵黄を載せてお月様をかたどります。
《材料》(1人分)絹ごし豆腐1/2丁、卵黄1個分、きぬさや2枚、にんじん5g、だし汁、しょう油、みりん、片栗粉
《作り方》水切りした豆腐に卵黄が入るくらいの穴をスプーンであけ、しょう油とみりんで味付けしただし汁で煮る。煮立ったら穴の中に卵黄を入れてふたをする。卵黄が半熟になったら豆腐を器に盛り、残っただし汁に細く切ったきぬさやとにんじんを入れて湯がき、片栗粉でとろみをつけて豆腐にかけて、ハイ、出来上がり!
《私の感想》これはとっても簡単でしたが、なんといっても調味料の分量が書いてないのでこわごわ作ったためかなり薄味になってしまいました。

F1000109.JPG 最後は「栗おこわ」です。

 これは相棒が全く別のレシピにそって作りました。実は栗おこわを作ることが先に決まって、私がつまみを作るということがあとで決まったのです。狭い台所で二人がぶつかり合いながら作りました。栗の炊き込みご飯もいいですが、餅米を使ったおこわはなんとなく晴れがましい気分になりますね。お赤飯を想像させるからですかね?

 中秋の名月を愛でながらこんなメニューもいいんじゃないですか?ぜひお試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

またまた「5分でできた!」

5m6281.jpg 前回はNHKのテキストに挑戦してみましたが、今日はまたまたおなじみの「5分でできた!居酒屋おつまみ」(角川SSコミュニケーションズ レタスクラブMOOK 定価600円)です。レシピに書いてある材料はすべて二人分です。カロリーは一人分です。

sc5m1.jpg まずは「くずし豆腐のしらすあえ」(151kcal)。
《材料》木綿豆腐1/2丁、小ネギの小口切り5本分、しらす20g、白いりごま大さじ1、ごま油大さじ1、塩小さじ1/3
《作り方》豆腐をキッチンペーパーで包み、両手でギュッと水気を絞ってボウルに入れる。小ネギ、しらす、いりごま、ごま油、塩を加え、全体を混ぜて、ハイ、出来上がり!
《私の感想》あっという間にできてしまって物足りないぐらいです。豆腐絞りはキッチンペーパーでは不安だったので(破れそうな気がして)、手ぬぐいで作った袋があったのでそれを使いました。好みの問題ですが、塩は少し多めのほうが味が引き締まると感じました。

sc5m.jpg 続いて「エビのガーリックオイル焼き」(171kcal)。
《材料》殻つきエビ4尾(作ったのは5尾)、にんにく(みじん切り)1片、オリーブオイル大さじ2、塩・こしょう各少々、パセリ(みじん切り)少々
《作り方》キッチンバサミでエビの足を切り落とす。背側に切り込みを入れ、背わたを取る。ざっと洗ってペーパーで水気を取る。フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて熱し、エビを炒める。塩、こしょうとパセリをふって、ハイ、出来上がり!
《私の感想》殻つきの生エビがスーパーになかったのでゆでエビを使いましたが、味はそんなに悪くなかったです。ただ、背わたを取るにはゆでエビだとうまく取れないので、その分時間がかかります。でも、殻のパリパリ感が「トッテモケッコ〜!」です。お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

今度はNHK「きょうの料理」テキスト

cook7241.jpg テーブルの上にNHKテレビテキスト「きょうの料理」7月号がさりげなく置いてありました。この「さりげなく」がくせもので、相棒の仕掛けた罠だろうと思いつつ、表紙を見ると目に入ったのが「夏の"反省ごはん"でダイエット」の見出し。ついつい中を開いてしまいました。

 反省ごはんのほうは特に食欲をそそらなかったのですが、その他に簡単でおいしそうなメニューがいっぱい載っていて、シッカリと罠にはまってしまった私なのでした。しかも4品も作っちゃいました。

 材料は二人分、カロリーは一人分です。

cook7242.jpg まずは「きゅうりのねぎみそあえ」(70kcal)。
《材料》きゅうり2本、ねぎ5cm、みそ大さじ2、砂糖大さじ1、七味とうがらし適宜
《作り方》きゅうりをたたいてから手で一口大にちぎる。ねぎは粗みじんに切る。ねぎ・みそ・砂糖・七味をボウルで混ぜ、きゅうりを加えて和えて、ハイ、出来上がり!でも食べる前に2〜3分おいて味をなじませてください。
《私の感想》この一品は作る予定がなかったんですが、次にお見せする一品と見開き反対ページに載っていて、チラッと見たら冷蔵庫の中に全部材料があったので作っちゃいました。とっても簡単です。お試しください。

cook7244.jpg 次が「なすのザーサイあえ」(80kcal)。
《材料》なす2個、ザーサイ40g、細ねぎ5本、胡麻油大さじ1、醤油大さじ1/2
《作り方》なすはへたを落として1cm厚さの輪切りにする。ザーサイは4〜5mm幅に切り、細ねぎは2cm長さに切る。耐熱ボウル(我が家ではドンブリ)になすを入れ、胡麻油と醤油を全量入れて混ぜ、ラップをして600Wの電子レンジで約2分30秒。取り出してもう1回混ぜ、再びラップをしてさらに約2分間チンする。粗熱が取れたら細ねぎを加えて混ぜ、ハイ、出来上がり!
《私の感想》これまた超簡単でしかもほんのりとした味でした。ビールに合います。お試しください。

cook7243.jpg 続いて「冷やしうなぎ豆腐」(250kcal)。
《材料》うなぎの蒲焼き(市販品)1匹分、絹ごし豆腐1丁、オクラ4本、粉山椒適宜
《作り方》水カップ11/2・薄口しょう油大さじ21/2・みりん大さじ21/2・削り節一つかみで出し汁を作り、6等分にした絹ごし豆腐を入れる(中火)。3〜4cm幅に切った蒲焼きをあとから入れ、煮立ったら弱火にし、落としぶたをして約3分間煮て、火を止めたらそのまま冷やす。オクラはネッツで40〜50秒間茹でる。水にとって冷やし、薄い輪切りにする。器に豆腐とうなぎを盛り、煮汁をかけてオクラを載せる。好みで粉山椒をふる。
《私の感想》大阪では「うづら豆腐」と呼ばれているそうです。「ハイ、出来上がり!」というほど簡単ではありませんが、初めての味でとってもおいしかったです。「うづら」というのは「うなぎの面」のことだそうです。関西の蒲焼きは頭をつけたまま腹開きにして焼くので、うなぎ屋には大量のうなぎの頭が残ってしまったそうです。それを安く買ってきて豆腐料理の味出しに使うという庶民の知恵が産んだ料理です。関東では頭付きの蒲焼きはまず手に入りませんが、頭なしでも十分おいしかったです。お試しください。

cook7245.jpg そして最後のお食事は豪華「海鮮レンジちらし」(420kcal)。
《材料》温かいご飯小さい丼2杯分、貝割れ菜1パック、焼き海苔全形の1/4枚、甘酢しょうが30g、合わせ酢(酢大さじ11/2・砂糖大さじ1・塩小さじ2/3)市販の寿司酢でOK、刺身盛り合わせ2〜3人分(豪華にいくなら4〜5人分)、しょう油とおろしわさび適宜
《作り方》前準備として、貝割れ菜は根元を切り落とし、1〜2cm長に切る。焼き海苔は細かくちぎり、甘酢しょうがは粗みじんに切る。耐熱ボウルに合わせ酢の材料を入れ、ラップをして600Wの電子レンジで約20秒。取り出してよく混ぜたらご飯を入れ、切るように混ぜる。人肌ぐらいに冷めたら、前準備の3品を加えて混ぜ器に盛る。刺身をしょう油にからめてからご飯に載せ、おろしわさびを添えて、ハイ、出来上がり!
《私の感想》イヤイヤ結構なちらしでしたよ!でも、私は焼き海苔をご飯に混ぜないであとから散らしました。そのほうがパリパリ感が残ると思ったからです。お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ホリデークッキング(2)

5m6281.jpg 今週も夏休み中の平日に作ったのでホリデークッキングです。参考書も毎度おなじみ「5分でできた!居酒屋おつまみ」(角川SSコミュニケーションズ レタスクラブMOOK 定価600円)です。レシピに書いてある材料はすべて二人分です。カロリーは一人分です。今日のメニューはチョット洋風です。

cook7231.jpg 1番バッターは「いんげんのタルタル風」(63kcal)。
《材料》いんげん12本を5cm長に、キュウリのピクルス(刻む)1〜2本、マヨネーズ大さじ1、塩、コショウ各少々
《作り方》いんげんを茹でます。ピクルスとマヨネーズを混ぜます。いんげんとマヨネーズを和えます。塩、コショウで調味して、ハイ、出来上がり!
《私の感想》マヨネーズにピクルスの酸味が加わってさわやかな味です。ピクルスの漬け汁も混ぜたほうが酸味がきいてよりさわやかかも・・。

cook7232.jpg 続いて「チキンソテーハチミツマスタード」(169kcal)。
《材料》鶏もも肉(薄くそぎ切り)1/2枚、ハチミツ大さじ1、粒マスタード小さじ1、塩、コショウ各少々、サラダ油適量
《作り方》鶏肉に塩、コショウをふる。フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉の両面を焼く。火を止めてハチミツと粒マスタードをからめ、ハイ、出来上がり!
《私の感想》ハチミツのトロリとした食感を期待したのですが、肉が熱々なのでサラサラになってしまいました。そういうものだと思ってしまえばそれはそれでおいしいですが、テーブルに出す直前にハチミツだけかける手もあるかな?レシピ通りのマスタードの量だとピリッとした感じが弱いような気もしました。お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

ホリデークッキング

5m6281.jpg 毎度おなじみ「サンデークッキング」。カテゴリーはサンデークッキングですが、夏休み中の平日に作ったのでホリデークッキングです。参考書はこれまたおなじみ「5分でできた!居酒屋おつまみ」(角川SSコミュニケーションズ レタスクラブMOOK 定価600円)です。レシピに書いてある材料はすべて二人分です。カロリーは一人分です。

cook7221.jpg 1番バッターは「なすとしめじのおろしポン酢」(189kcal)。
《材料》なす2本、しめじ1株、大根1/4本、ポン酢適量、サラダ油1/2カップ
《作り方》一口大に切ったなすと小房に分けたしめじを、サラダ油を熱したフライパンで揚げ焼きにします。油を切ってお皿に盛ったら大根おろしを載せ、ポン酢をかけて出来上がり!
《私の感想》これは超カンタンであっさり味でオススメです。

cook7222.jpg 続いて「かつおぶしとねぎのだし巻き卵」(198kcal)。
《材料》卵2個、かつお節5g、小ねぎ(小口切り)5本分、塩2つまみ、サラダ油大さじ2
《作り方》卵を溶き、かつお節・小ねぎ・塩を混ぜ、サラダ油大さじ1を熱したフライパンで半量の卵を焼きます。丸いままでかまいません。焼けたら残りの半量も焼きます。玉子焼きをまな板に移して両脇をたたみ、手前からクルクル巻いていくと、だし巻き卵のようになります。これを写真のように切り分けて出来上がり!
《私の感想》確かにダシの味がします。でも、この本にも作者が書いていますが、あのホンモノのだし巻き卵の繊細さは全くありません。それからレシピには書いてありませんが、なすとしめじに載せた大根下ろしを添えました。ネタ本の材料にも大根は書いてありませんでしたが、やっぱ玉子焼きには大根おろしですよね。かつお節はパック入りのを1袋使うとちょうどいいです。

 実はこの2品はおつまみです。主食はスーパーで買ってきたうなぎの蒲焼きを載せたうな丼でした。蛇足ながら、スーパーで買ってきたうなぎの蒲焼きはタレと日本酒を振りかけてラップでくるみ、チンすると柔らかくおいしくなります。食べるときにまたタレをかけますから、タレが無料で置いてあるときは店員の目をかすめて2個持ち帰ります。ヒ・ミ・ツ
posted by YABOO!JAPAN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

早うまイージー?

5m6281.jpg 例の「5分でできた!居酒屋おつまみ」(角川SSコミュニケーションズ レタスクラブMOOK 定価600円)の表紙に書いてある「早ウマイージー」の言葉のマジックに魅入られて、今週もまたまた作ってしまいました。こりゃ完全に相棒の作戦にはまった感じですな。作り方はすべて二人分です。カロリーは一人分です。

57191.jpg 一品目は、「キュウリとコーンの甘みそ」。コーンの缶詰(ホール)を使った簡単レシピです。

 《作り方》キュウリを2本(私は3本使いました)、皮をシマシマにむいて縦に二つ切りにします。スプーンでキュウリの種をかき出しておきます。コチュジャンと味噌と蜂蜜を同量ずつ(基本は大さじ1杯ずつ)混ぜて甘みそを作ります。キュウリに甘みそを流し込み、その上に缶詰のコーン(ホール)50gをのせて出来上がり。手でもってそのままかぶりつきます。(カロリー106kcal)

57192.jpg 次はマグロの串焼き梅だれ。マグロを使ったネギマですね。

 《作り方》マグロの赤身200gを串焼き向きに12等分します。長ネギを同じ長さに8本切って、マグロと交互に串に刺して塩をふります。梅干し大2個の種を取ってたたき梅肉を用意し、大根約5cmをおろしたものと麺つゆ小さじ1杯を混ぜてたれを作ります。フライパンにサラダ油を熱し、串を入れて両面を焼いたら皿に並べてたれをのせ出来上がり。(カロリー176kcal)

 今日のメニューははっきり言って両方ともイマイチでした。まず、コーンと甘みその味がマッチしていませんでした。むしろキュウリと甘みそだけのほうがよかったかも知れません。串焼きのほうは梅だれが今一つピリッとしませんでした。酸っぱすぎてそのままでは食べられないくらいの梅干しがよかったのかもしれません。そんなわけで、晩酌もあまり進まず、早々にご飯を食べて終わってしまいました。でも考えようによっては明日は休日診療所出勤だし、あまりにもうますぎて飲み過ぎるよりはよかったかな?

 この本に出ているレシピのすべてが「早ウマイージー」ではないということなんでしょうね。
posted by YABOO!JAPAN at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

一気に4品韓国風

5m6281.jpg 今週も「5分でできた!居酒屋おつまみ」(角川SSコミュニケーションズ レタスクラブMOOK 定価600円)からのレシピです。先週もご紹介したように「5分」・「居酒屋」・「おつまみ」と私の好きなキーワードだけでできている本です。先週作ってみて、あまりの簡単さについ今週も作ってしまいました。しかも一気に4品も・・・。

 メニューは韓国風でまとめてみました。作り方はすべて二人前です。カロリーは一人分です。

5m751.jpg 最初は「油揚げのチーズはさみ焼き」。どこが韓国風かというと、油揚げにはさむとろけるスライスチーズにコチュジャンを薄く塗るからです。

 《作り方》油揚げを半分に切ります。とろけるスライスチーズを油揚の大きさに切ってコチュジャンを薄くのばし、やはり油揚げの大きさに切ったのり(焼き海苔でも味付け乗りでも可)をのせます。フライパンに油を引かず、中火でゆっくりと、両面をこんがり焼き、適当な幅に切れば出来上がり。このまま食べられます。(カロリー120kcal)

5m753.jpg 次はマグロで作るユッケ。ユッケはもちろん韓国料理。見出しは「ユッケ風マグロのたたき」でしたけどね。

 《作り方》マグロの赤身100gを包丁で細かくたたきます。ボウルでおろしにんにく1/2片、しょう油大さじ1、ごま油大さじ1、ラー油適量をよく混ぜます。さらにマグロを加えて全体を混ぜます。マグロを器に盛り、卵黄1/2個分(二人で1個)を中央にのせ、小ネギを散らして出来上がり。マグロの中央をくぼませておくと卵黄がきれいにおさまるそうです。そのとおりでした。(カロリー170kcal)

5m752.jpg 次は見出しに「なすと豚肉の韓国風だれ」と書いてあったから当然韓国風。

 《作り方》まず合わせ調味料を作ります。すりおろしにんにく1片、しょう油大さじ2、砂糖大さじ1、ごま油大さじ1、白すりごま大さじ1、一味唐辛子適量をまんべんなくよく混ぜます。フライパンにサラダ油を熱し、縦4等分、斜め3等分に切ったナス2本分と、ブタこま切れ肉(一口大)80gを約1分間強火で炒めます。合わせ調味料を加えてさっと混ぜます。なすに火が通ったら出来上がり。(カロリー264kcal)

5m754.jpg 仕上げは「焼肉のたれで(味付けする)エスニックチャーハン」。焼肉のたれなんだからこれも一応韓国風。

 《作り方》ご飯1合分と2個の溶き卵を混ぜます。フライパンにサラダ油を熱し、1cm角に切ったピーマンを炒め、焼肉のたれを加えます。卵ご飯を加え炒め、お皿に盛り、刻みピーナッツ30gと1cmに切った香菜を散らして出来上がり。本にお皿に盛る前に塩で味を整えると書いてありましたが、バターピーナッツを使ったので塩は加えませんでした。ちょうどいい味でした。(カロリー504kcal)

 作ってみてわかったことなんですが、調理時間にはニンニクをおろしたり、材料をちょうどいい大きさに切っておいたり、ピーナッツを刻んだりする、いわゆる下ごしらえの時間って入ってないんですよ。だから4品も作ったら結局1時間ぐらいかかってしまいました。

 それよりもなによりも、カロリーの合計が1054kcalでした。作って食べるまではそこのところ見ませんでした。今ブログを書くのでチェックしてみて愕然がく〜(落胆した顔)。明日は朝飯昼飯とも抜きだなぁ。
posted by YABOO!JAPAN at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

超簡単ポン酢料理二種

cupid.jpg 2周続けてサンデークッキングです。このサンデークッキングは、CBCテレビ「キューピー3分クッキング」のサイトのカロリー別レシピの「0〜100kcal」で見つけたおいしそうなメニューをご紹介しています(なぜCBCテレビのサイトかというとカロリー別レシピの検索項目があるからです)が、今日のレシピは別のネタです。キューピーさんはこのサンデークッキングの看板みたいなものでそのまま掲載してあるだけです。

5m6281.jpg 別のネタというのは右の写真です。「5分でできた!居酒屋おつまみ」(角川SSコミュニケーションズ レタスクラブMOOK 定価600円)です。「5分」・「居酒屋」・「おつまみ」と、私の好きなキーワードだけでできている本です。相棒が見つけてきました。自分で作るのが目的か、私をその気にさせて作らせるのが目的かは定かでないのですが、とにかく作ってみました。

5m6282.jpg まず最初のレシピは「ポン酢でレタスと桜エビのレンジ蒸し」。あまりに簡単すぎてレシピとも言えないのですが、まず丼(かっこよくいえば耐熱ボウル)に超山盛りになるように大きめにちぎったレタスを入れます。桜エビ(乾燥で10g前後のものを好みで半分〜全部)とポン酢大さじ2を一緒に入れ、ふんわりとラップし、600Wで約3分加熱します。チンしたら丼のままでもいいし、別の器でもいいからざっと混ぜて、そのまま食べます。(これを調理というのだろうか?)

 桜エビは残っても使うあてがないので、私は12gのものを全部入れてしまいました。

5m6283.jpg 次のレシピは前のレシピをレンジにかけている間にできてしまう「たこのバターポン酢」です。

 一口大に切った茹でだこ(要するにたこのぶつ切りですな)をバターを溶かしたフライパンで中火で炒めます。たこは茹でてあるので1〜2分炒めれば十分です。火を止めたら縦半分を千切りにした大葉とポン酢を適当にふりかけ、ざっと混ぜたら出来上がりです。
 
 レタスをチンしている間にホントにできてしまいました。

 今日の味付けはどちらもポン酢でしたが、レタスのほうは桜エビの香りと塩味、たこのほうはバターとポン酢のコラボで同じ調味料とはとても思えませんでした。たこのほうで使った大葉は、本の写真ではもっと細い千切りになっていましたが、たこのぶつ切りには私の太さのほうが合うと思います。お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

チョットとシッカリ中華風(二種)

cupid.jpg 久し振りのサンデークッキングです。このサンデークッキングは、CBCテレビ「キューピー3分クッキング」のサイトのカロリー別レシピの「0〜100kcal」で見つけたおいしそうなメニューをご紹介しています(なぜCBCテレビのサイトかというとカロリー別レシピの検索項目があるからです)。

 それぞれの料理に放送日を明記しておきますので、詳しいレシピはサイトの「カロリー別」というところで検索してください。「日付別」という項目で検索するより簡単です。サイトをご覧になる場合はこちらをクリックしてください。

qp6281.jpg さて、最初のレシピの放映日は2001年7月23日、「変わり冷ややっこ二種」として載っていました。夏らしい冷や奴ですが「中国風冷や奴」です。カロリーは116kcalでわずかに100kcalをオーバーしてしまいましたが、もう一品の和風冷ややっこが100kcal未満だったんですね。

 絹ごし豆腐に干しえび・ザーサイ・香菜のみじん切りを載せて醤油とサラダオイルで食べるという超簡単レシピです。この中華風冷ややっこはずっと前から知っていて、今までも何度か作ったことがあるのですが、このレシピ通りだと淡白すぎるような気がして、いつものように、長ネギとしょうがのみじん切りも一緒に載せ、醤油・酢・胡麻油・豆板醤のドレッシングにしました。中華風というからには私のドレッシングのほうがシッカリ合うという自信があります。レシピ通りだとチョットだけ中華風です。

qp6282.jpg こちらは2004年4月20日放送の「にんにくの芽と豚肉の炒めもの」(カロリー=97kcal)です。カロリー別の100kcal以下で見つけました。ま、わりと普通の炒めものでした。
 
 にんにくの芽とにんにくの茎がどう違うのかわかりませんが、スーパーにはにんにくの茎しかなかったんでそれを使いました。レシピには豚肉はバター焼き用のもも肉と書いてありましたが、薄い肉しかなかったのでロースの厚手のものを買ってきました。

 ねぎ・しょうが・にんにくのみじん切りを炒めて香りを出し、豚肉とさっと茹でたにんにくの茎を加えて、酒・醤油・オイスターソース・塩・砂糖で味を調え、最後に胡麻油をかけて食べます。こちらはレシピ通りでもシッカリ中華風でした。

 今日はどちらも簡単レシピ(いつもですが)、しかもねぎとしょうがのみじん切りは両方のレシピで使いますので一手間省けます。お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

カロリーオーバー気にしない?

cupid.jpg 3週間振りのサンデークッキングです。このサンデークッキングは、CBCテレビ「キューピー3分クッキング」のサイトのカロリー別レシピの「0〜100kcal」で見つけたおいしそうなメニューをご紹介しています(なぜCBCテレビのサイトかというとカロリー別レシピの検索項目があるからです)。

 それぞれの料理に放送日を明記しておきますので、詳しいレシピはサイトの「カロリー別」というところで検索してください。「日付別」という項目で検索するより簡単です。サイトをご覧になる場合はこちらをクリックしてください。

qp5301.jpg さて、最初のレシピはサイトには載っていますが、カロリー別で探したものではありません。たまにはカロリー無視でメニューを探して食べてみたいと思って「調理別」の中の「サラダ」レシピの中から面白そうなので見つけてきたものです。レタス・大根・人参・ラディッシュに、とりわさのようにさっと熱湯を通した鶏ささみを載せ、わさびマヨネーズで食べる「鶏ささ身のカルパッチョ」です。放映日は2008年7月16日、カロリーは135kcalでわずかに100kcalをオーバーしてしまいました。

 レタスの代わりに残り物のサニーレタスを使い、スーパーになかったのでラディッシュは省略し、イタリアンパセリの代わりにブロッコリのスプラウトを使いましたが、全然問題なしでした。それと、マヨネーズはカルパッチョらしく線引きをすると書いてありましたが、絞り器なんてものがなかったのでスプーンで適当に振りまきました。

qp5302.jpg こちらは2008年9月3日放送の「ゆでいかのピリ辛薬味だれ」(カロリー=100kcal)です。カロリー別の100kcal以下で見つけました。トマトと海藻サラダ(乾燥)とゆでたするめいかにピリ辛の薬味をかけて食べます。
 
 しょう油・トマトケチャップ・レモン汁・胡麻油・赤唐辛子・ねぎ・しょうがで薬味を作りますが、出来上がって味見をしたら、「豆板醤にねぎとしょうがのみじん切り混ぜりゃ出来るじゃん!」というような味でした。ちょっと違うかもしれませんが豆板醤で試してみてもいいと思います。

qp5303.jpg 最後は、2006年7月27日放送の「豚肉とさやいんげんの煮物」(カロリー=153kcal)です。100kcal以上ですが、同日放送のもう一品が100kcal以下だったんです。

 豚肉とインゲンを炒めてから出し汁にしょうゆ・砂糖・酒を混ぜて水気がなくなるまで煮込みます。他の2品に比べるとほとんど手間がかかりません。出し汁で煮るので味が深く、ご飯にぴったりでした。

 今日は3品とも100kcal以上になってしまいましたが、オーバーとは言ってもごくわずかでした。お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

久々のクッキング

cupid.jpg 久し振りのサンデークッキングです。このサンデークッキングは、CBCテレビ「キューピー3分クッキング」のサイトのカロリー別レシピの「0〜100kcal」で見つけたおいしそうなメニューをご紹介しています(なぜCBCテレビのサイトかというとカロリー別レシピの検索項目があるからです)。

 でも今回のはホントは昨日の晩ご飯でしたので、サタデークッキングです。

 それぞれの料理に放送日を明記しておきますので、詳しいレシピはサイトの「カロリー別」というところで検索してください。「日付別」という項目で検索するより簡単です。サイトをご覧になる場合はこちらをクリックしてください。

55sunday1.jpg さて、最初のレシピはサイトには載っていません。今日のメニューで使ったかまぼこと大葉の残りを使った付け出しです。かまぼこは少し厚めに切って、半分の厚さに途中まで包丁を入れます。その切れ目にわさび少々と大葉をはさんだだけの超簡単レシピです。食べるときはしょう油をつけてもつけなくてもいいです。写真を撮ってから食べたら、梅肉も合いそうなので梅干しをつぶして加えたらもっとおいしくなりました。

55sunday2.jpg こちらは2002年10月16日放送の「いかと大根の煮物」(カロリー=75kcal)です。人参も入ります。里芋でもいいかもしれません。大根は葉っぱも使います。煮物の上に散らしてある緑色は大根の葉っぱです。みりんとイカワタを使いますので、テリとコクのある仕上がりになります。

55sunday3.jpg 次は、2002年8月26日放送の「みょうがご飯」(カロリー=316kcal)と2000年12月29日放送の「鶏肉と青菜の雑煮」(カロリー=263kcal)を一緒に撮影してあります。

 みょうがご飯は100kcal以上ですが、同日放送のもう一品が100kcal以下だったんです。みょうがとしば漬けと大葉とおかかを炊きあがったご飯に混ぜるだけ、超簡単です。

 雑煮は餅抜きです。醤油味のお吸い物として作りました。「100kcal以下」のメニューではなく、「調理別」の「汁もの」というところにありました。最後におかかを振りかけるのがミソで、ちょうど追い鰹のような感じでいい出しになります。もちろん出し汁がベースです。

 最初の付け出しは、雑煮に使ったかまぼことみょうがご飯に使った大葉の残りを使ったものです。

 お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

今夜もサラダだ!

 年度末は大学や病院を定年で退職する先輩の送別会が続きます。飲んで食べてが続き体重も72.5kgを中心に増えたり減ったりと一時より2kg以上も増えてしまいました。

 それで今夜もサラダ中心のメニューとなりました。いつものキューピー3分クッキングではありません。シーフードサラダ2種類とたまたまスーパーで売っていたブリかまを焼いたものです。

konya2.jpg まずは私が作ったマグロと長芋と水菜のサラダ。まず、水菜を食べやすい長さに切って皿に敷きます。その上に1cm弱のサイズのさいの目に切ったマグロの刺身を載せます。さらに同じくらいのサイズのさいの目の長芋を載せます。サラダはこれで出来上がり。

konya3.jpg サラダですからドレッシングが必要です。以前このサラダを作って食べたときには、わさびドレッシングがあったのでそれをかけましたが、今日はスーパーでわさびドレッシングを売っていませんでした。それで冷蔵庫にあったしゃぶしゃぶ用の胡麻だれにしょうゆとわさびを適当に混ぜて食べましたが、これが意外とマッチしてました。

konya1.jpg 今日は私が食事当番なので、マグロのサラダとブリかま焼きだけの予定でしたが、相棒が「ちょっとさびしい」と言って、冷蔵庫に残っていたゆでエビと野菜をかき集めてもう一つサラダを作りました。野菜はグリーンアスパラ、インゲン、ミニトマト、カイワレです。ドレッシングはサウザンドアイランドです。これも相棒が適当に作りました。

konya4.jpg そしてご飯のおかずはブリかま焼きです。ブリかまの皮のほうには多目の塩、身のほうには少な目の塩を振って、約10分間置きます。それをグリルに入れて一番弱火で皮のほうに時間をかけてじっくり焼きます。魚を焼くコツは強火の遠火と言いますが、皮に切れ目を入れずに弱火でじっくり焼けば程よく火が通ります。

 これだけ食べてりゃダイエットになったのでしょうが、ついつい晩酌をしてしまうので今夜もやっぱりカロリーオーバーでしょうね。
posted by YABOO!JAPAN at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

簡単サラダレシピ3種

cupid.jpg 今回のサンデークッキングのレシピもいつものキューピーさんから見つけたものではありません。

 相棒も私も近頃トンと不摂生で体重が増えてしまい、今日はサラダだけにしようということになって、私がぐるなびレシピのサイトから簡単にできそうなサラダ3種類を見つけ出して作ったものです。

 レシピはぐるなびレシピに掲載されていて、作るのは超簡単なのですが見つけ出すのが簡単ではないので、食材と作り方もこのブログに掲載することにしました。

salad1.jpg まずは第1のサラダ。スーパーで買ってきたイカそーめん(一人前)に、瓶詰めのナメタケ(大さじ約1杯)と塩刷りして洗ってから輪切りにしたオクラ(1本)を和えたドレッシング(?)をかけただけという超簡単レシピです。サイトのレシピでは、その上にさらに赤・青・黄色のピーマンを細かく切って彩りとして添えると書いてありましたが、そんなことは面倒なのでやめました。材料は二人分です。

salad2.jpg 次は櫛形に切ったトマト(中1個)の上に縦に薄切りしたミョウガ(1本)を載せ、太白胡麻油とポン酢を適当にふりかけ、さらに半切りにしたバタピーとカイワレを散らしただけです。カイワレのかわりにつまみ菜でもいいそうです。普通の胡麻油だと香りがきつすぎるのかもしれませんが、太白胡麻油だとあっさり仕上がってグーです。塩味はバタピーの塩だけですが、これまたグーでした。材料は二人分です。

salad3.jpg 最後はちょっと手が込んでいます。アボカド1個を縦切りにして種を取り、そのくぼみに縦割りの半分には甘エビ(1尾)とサーモン(2切れ)、もう半分にはホタテ(1枚)とイクラ(適量)(すべて刺身)を入れ、わさびをちょんと載せた上からゆずコショウのドレッシングをかけたものです。このドレッシングが凝ってます。材料はアボカド1個が一人分です。

 私が作ったのは、アボカドの種のくぼみをさらにえぐって大きくし、両半分に甘エビ・サーモン・ホタテ・イクラのすべてを詰め込んでしまいました。確かにサイトに載っている写真は上品そうにみえましたが、その通りに作ると刺身がいっぱい残っちゃうじゃないですか!

 ではドレッシングの作り方です。ゆずコショウ小さじ3/4、マスタード(ディジョン)小さじ3/4、米酢大さじ1、オリーブオイル大さじ3、みりん大さじ1/2、グレープフルーツ(果汁)大さじ3/4、薄口醤油小さじ1/4プラスα(私は普通の醤油ですましました)です。

 ところで、グレープフルーツ果汁は自分で絞って作りました。我が家には写真のようなレモン絞りがあって、その上にオレンジ色の大きなしぼり器がはめられるようになっています。するとグレープフルーツにぴったりサイズになるのです。いつどこで買ったか忘れてしまいましたがとても便利です。

salad4.jpgsalad5.jpgsalad6.jpg

 今日のサラダは3種類とも簡単にできるので、調理時間は合計で30分足らずでした。是非お試しください。
posted by YABOO!JAPAN at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | ヤブログサンデークッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。