2017年05月12日

全体減少・感染性胃腸炎のみ増加

mizueyubisashi.jpg 「江戸川区感染症定点観測」(区内31か所の定点指定医療機関での患者発生数報告)の4月24日から4月30日までの集計結果です。速報とはいえませんが、流行の流れはお伝えできると思います。

 この週は週末が連休となりましたが、1年の中でも時々あることなので、疾患報告数に対する大きな影響はないと思われます。

 そのような前提で疾患報告数を見てみますと、全体としては減少傾向にあります。特に先週急増を見せたインフルエンザは、この週小児も成人も2桁の減少となっています。そんな中で感染性胃腸炎だけは2桁の増加を見せています。

 その他の疾患では、1桁台の増加ながらプール熱が報告数2桁となりました。プール熱は夏風邪グループの一員ですが、このまま2桁の報告数を維持するかどうかは何とも言えないと思います。

 この週2桁以上の報告数があったのは、突発性発疹がまたもやわずか1週間で1桁に後退し、プール熱が新たに加わり、疾患数としては先週と同じ5疾患でした。順位の変動もありませんでした。

第1位《1》感染性胃腸炎 ↑↑(報告数196)
第2位《2》溶連菌感染症(報告数56)
第3位《3》小児インフルエンザ ↓↓(報告数37)
第4位《4》成人インフルエンザ ↓↓(報告数11)
第4位《0》プール熱(報告数11)

 《 》内の数字は先週の順位、数字0はその週の報告数が1桁だった疾患です。(矢印は先週の報告数との比較で矢印1つが1桁を表しています/報告数というのは定点指定医療機関だけの集計で江戸川区全体の医療機関からの報告数ではありません)

 定期予防接種の対象となっている疾患としては、麻疹風疹百日咳の3疾患とも報告数は今週もゼロでした。このブログの更新を再開してからですと11週連続となります。

 定期予防接種の対象になった水痘は、本来こちらに移動するべきですが、まだまだ発生数が多いので、当分は順位をお知らせする疾患として扱います。今週の報告数は先週よりさらに4例増えて8例になってしまいました。定期予防接種の対象疾患として、報告数2桁だけは避けてほしいところです。


posted by YABOO!JAPAN at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな病気がはやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

こどもの発熱 ー坐薬と飲み薬どっちが効くの?ー

clinic.jpg 月曜日は医学講座の日。なぜなら人間のからだを表す言葉には「月」(ニクヅキ)のつく漢字が多いから。

 私は解熱剤をあまり処方しない医者ですが、それでもお母さんの不安や希望が強かったりすれば、熱さまし(解熱剤)を差し上げます。そのときに「熱さましというのは名前からいえば熱を下げるのが仕事のクスリですが、本当は熱のためにつらい思いをしているお子さんを一時的にでも楽にしてあげようというオクスリです。ですから、熱の数字が下がらなくても、それまで眠れなかった子が眠れるようになったら、熱さましは十分に仕事をしたとほめてあげてくださいね」と説明しています。

 そして、「熱さましには飲むクスリと坐薬があります。どちらにしますか?」と尋ねます。心の中ではお母さんから来る次の質問を予想しながら・・・。

 来ましたexclamation次の質問。「飲むのと坐薬、どっちがよく効きます?」。待ってましたと私の答。「口から飲んでもおしりから入れても薬の効き目は同じです。でも、坐薬のほうが飲み薬よりキモチ早く効き始めます。」「へ〜、どうしてexclamation&question」という質問も聞かず勝手にしゃべり続けます。「口から飲んだクスリは食道を通り胃を通って小腸に入ってから吸収されて効き始めます。だから効き始めるまでに時間がかかるんですね。その点坐薬ですと入ったところがすぐ直腸ですからその場で吸収される、つまりすぐ効き始めるということです。」さらに訊かれもしないのにしゃべり続けて「坐薬は飲み薬に比べてすぐに効くけど効き目はやや短いんです。100m競走ダッシュ(走り出すさま)とマラソンモバQの違いなんですね。」話題は陸上競技の話になっていきます。

 エ〜ッ!なんで陸上競技になっちゃうのがく〜(落胆した顔)exclamation&questionとお思いでしょうが、まあお聞きください。

 「100m競走のトップとビリのランナーのタイムはほとんど違いませんね。多くて1秒ぐらいですね。ところがマラソンレースのトップとビリのタイムを比べたら、ヘタしたら1時間以上も開いてしまうことがありますよね。坐薬はおしりから入ってすぐゴール(クスリの効き場所)、だから100m競走ダッシュ(走り出すさま)。飲み薬は口から入って食道・胃・十二指腸を経て小腸のゴールに入る長距離レース、だからマラソンモバQ。最初に吸収されたクスリ(トップ)と最後に吸収されるクスリ(ビリ)をランナーにたとえれば、坐薬は短時間で全部吸収されるけれど、飲んだクスリはトップからビリまで(全部吸収されるまで)時間がかかる。だから、同じ量のクスリであれば全体としての効果は同じだけれど、坐薬は短期決戦型、飲み薬は長期戦型と言えるんですね。でも口で言うほどはっきりはしませんけどね。」と、ここまで一気にしゃべって「さあ、坐薬と飲み薬のどちらにしますか?」

 この話を聞いたあとの選択では、坐薬を選ぶ方が3分の2ぐらいです。やはり皆さん熱でつらい思いをしているお子さんふらふらを少しでも早く楽にしてあげたいわーい(嬉しい顔)と願ってらっしゃるのですね黒ハート



posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

週間診療情報(5月8日から5月14日)

kanban600.jpgこども診療所の来週の診療日で特にお知らせしたい情報です


個々にお知らせした日以外は
いつもどおりの診療です


診療時間の変更や臨時休診などは毎週掲載しています
受診前に確認なさることをお勧めします
(1か月の予定は月初めにホームページに掲載しています)



5月 9日(火)   午後の診療開始が遅れます
           保健所の健診業務のため
           午後3時30分からの診療となります


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

小児インフル急増!!!

mizueyubisashi.jpg 「江戸川区感染症定点観測」(区内31か所の定点指定医療機関での患者発生数報告)の4月17日から4月23日までの集計結果です。速報とはいえませんが、流行の流れはお伝えできると思います。

 減少を続けていたインフルエンザですが、この週小児インフルエンザが逆に急増しました。このことはメディアなどでも採り上げられていましたが、江戸川区でも同様の現象になっているようです。成人インフルエンザのほうは2週続けて1桁台の減少でしたが、この週には2桁台の減少を見せています。小児も成人もA型とB型の比率に関しては大きな変動はありませんでした。

 こども診療所でも先週インフルエンザの患者さんが受診されましたが、すべてB型でした。しかし、その後インフルエンザの患者さんはパタッと止まってしまいましたので、小児インフルエンザの急増は一時的なものだったかもしれません。それにしても今後の動きはしっかりと見ていかなければならないでしょう。

 その他の疾患では、感染性胃腸炎溶連菌感染症が2桁台の増加を見せています。突発性発疹がまたわずか1週間で報告数2桁に返り咲きました。

 この週2桁以上の報告数があったのは突発性発疹の返り咲きで5疾患となり、順位では成人インフルエンザ溶連菌感染症小児インフルエンザの3疾患、先週の第2位から第4位までの疾患に順位の変動がありました。

第1位《1》感染性胃腸炎 ↑↑(報告数178)
第2位《3》溶連菌感染症 ↑↑(報告数59)
第3位《4》小児インフルエンザ ↑↑(報告数57)
第4位《2》成人インフルエンザ ↓↓(報告数25)
第5位《0》突発性発疹(報告数13)

 《 》内の数字は先週の順位、数字0はその週の報告数が1桁だった疾患です。(矢印は先週の報告数との比較で矢印1つが1桁を表しています/報告数というのは定点指定医療機関だけの集計で江戸川区全体の医療機関からの報告数ではありません)

 定期予防接種の対象となっている疾患としては、麻疹風疹百日咳の3疾患とも報告数は今週もゼロでした。このブログの更新を再開してからですと10週連続となります。

 定期予防接種の対象になった水痘は、本来こちらに移動するべきですが、まだまだ発生数が多いので、当分は順位をお知らせする疾患として扱います。今週の報告数は先週より2例増えて4例でした。


posted by YABOO!JAPAN at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな病気がはやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

こどもの発熱 ー熱とお風呂ー

clinic.jpg 月曜日は医学講座の日。なぜなら人間のからだを表す言葉には「月」(ニクヅキ)のつく漢字が多いから。

  お子さんが熱を出して診察にいらした方の多くは、帰り際に「熱があったらお風呂いい気分(温泉)はやめといたほうがいいですか?」とお訊きになります。日本では昔から「熱があったら風呂はだめ」が常識でした。ところが30年ほど前から「西洋では熱があると水風呂に入れる」という情報が入ってくると、熱とお風呂の関係が混乱し始めます。

 私はその頃まだ新米からやっと中堅の仲間入りしたぐらいの小児科医でしたが、やはり気になって色々調べました。その結果、病院などでは緊急に熱を下げるために水風呂を使うことはあっても、一般家庭ではそんなことはやっていないということがわかりました。日本でも緊急に熱を下げなければいけないときに、こどもの体中にアルコールを塗りたくってしまうことがあります。アルコールは揮発性ですからすぐに蒸発してしまい、そのときの気化熱がこどものからだから熱を奪ってゆき熱が下がるのです。熱を逃がすということですね。

pingushower.jpg それはともかく、熱があるときにお風呂に入ってもよいのかだめなのかの話に戻りましょう。「熱があったらお風呂はやめといたほうがいいですか?」というご質問に私は「熱があるときお風呂にはいること自体は絶対ダメというほどのことでもないけれど、本人がいやがるようなそぶりを見せたら絶対にやめておきましょう。また、湯船にはいるのは避けてシャワー程度にしたほうが無難です。どうしてかというと、日本のお風呂の温度は高すぎるんです。普通日本人がお風呂と感じるのは40℃以上なんですね。37〜38℃だととてもお風呂とは思えない。だから、たとえば39℃の熱がある子が日本のお風呂に入るとお湯の温度のほうが高いですから温められてよけい熱が上がって右斜め上しまうんです。西洋人みたいに37〜38℃のお風呂に入れば今度はお湯の温度のほうが低いですから冷やされて熱は下がります右斜め下が、日本人にとっては水風呂みたいなもんですから湯冷めしてよけい病気が重くなってしまうかもしれません。そういった意味で熱があるときはぬるめのシャワーぐらいにしておいたほうが無難だということなんです。

 西洋のお風呂の温度は37〜38℃、日本のお風呂は40℃以上。これは文化の違いですからそう簡単に切り替えられるものではありません。いくら生活が「欧米化」しても感覚的なことってすぐには変わらないんですね。



posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

週間診療情報(5月1日から5月7日まで)

kanban600.jpgこども診療所の来週の診療日情報をお知らせいたします

再三お知らせしているゴールデンウィークの情報と重複しています(変更はありません)

個々にお知らせした日以外は
いつもどおりの診療です


診療時間の変更や臨時休診などは毎週掲載しています
受診前に確認なさることをお勧めします
(1か月の予定は月初めにホームページに掲載しています)



5月 1日(月)   通常診療
5月 2日(火)   通常診療
5月 3日(水)   祝日休診
5月 4日(木)   祝日休診
5月 5日(金)   祝日休診
5月 6日(土)   臨時休診
5月 7日(日)   日曜休診


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

感染症情報集計ミス訂正

mizueyubisashi.jpg 今週火曜日に掲載した4月10日から4月16日までの集計結果にミスがありました。訂正版が届きましたので、正しいデータを再掲載いたします。(ピンクの文字が正しいデータです)

 インフルエンザは減少を続けています。火曜日の記事では小児が2桁減、成人は1桁減とお伝えいたしましたが、正しくは「小児も成人も1桁の減少でした」。それでも成人の報告数が小児の報告数を上回る結果となっています。A型:B型の比率は小児が1:5弱、成人が1:3弱とあるのが、正しくは「小児が1:6、成人が1:3強」で、ともにB型の比率が高まっています。

 インフルエンザ流行の終焉はまだまだと言えそうです。

 その他の疾患には余り大きな動きは見られませんでしたが、先週報告数2桁入りした突発性発疹はわずか1週間で報告数1桁に後退しました。

 この週2桁以上の報告数があったのは突発性発疹が抜けて4疾患となり、小児インフルエンザ成人インフルエンザの順位が入れ替わりました。しかし、第2位から第4位までは僅差であり、来週はまた順位の変動があるかもしれません。

第1位《1》感染性胃腸炎(報告数145
第2位《3》成人インフルエンザ(報告数38
第3位《2》小児インフルエンザ(報告数35
第4位《4》溶連菌感染症(報告数31)

 《 》内の数字は先週の順位、数字0はその週の報告数が1桁だった疾患です。(矢印は先週の報告数との比較で矢印1つが1桁を表しています/報告数というのは定点指定医療機関だけの集計で江戸川区全体の医療機関からの報告数ではありません)

 定期予防接種の対象となっている疾患としては、麻疹風疹百日咳の3疾患とも報告数は今週もゼロでした。このブログの更新を再開してからですと9週連続となります。

 定期予防接種の対象になった水痘は、本来こちらに移動するべきですが、まだまだ発生数が多いので、当分は順位をお知らせする疾患として扱います。先週報告数が7まで増加してしまいましたが、上でもお知らせした通り、今週の報告数は先週と同じ2例でした。


posted by YABOO!JAPAN at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな病気がはやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

ゴールデンウィークの診療情報(再掲)

kanban600.jpgこども診療所のゴールデンウィーク(4月28日から5月8日まで)の診療日情報をお知らせします

4月13日に掲載した内容と同じで
変更はありません




診療時間の変更や臨時休診などは毎週掲載しています
受診前に確認なさることをお勧めします
(1か月の予定は月初めにホームページに掲載しています)



4月28日(金)   通常診療
4月29日(土)   祝日休診
4月30日(日)   日曜休診
5月 1日(月)   通常診療
5月 2日(火)   通常診療
5月 3日(水)   祝日休診
5月 4日(木)   祝日休診
5月 5日(金)   祝日休診
5月 6日(土)   臨時休診
5月 7日(日)   日曜休診
5月 8日(月)   通常診療


posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こども診療所だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

インフルまだまだ

mizueyubisashi.jpg 「江戸川区感染症定点観測」(区内31か所の定点指定医療機関での患者発生数報告)の4月10日から4月16日までの集計結果です。速報とはいえませんが、流行の流れはお伝えできると思います。

 インフルエンザは減少を続けていますが、小児と成人では減少のスピードが違うようです。A・B併せた報告数は、小児では先週41例で今週が29例と2桁減を続けていますが、成人では39例と35例で、先週に続いて今週も1桁の減少にとどまりました。そのため成人の報告数が小児の報告数を上回る結果となっています。A型:B型の比率は小児が1:5弱、成人が1:3弱で、ともにB型の比率が高まっています。

 インフルエンザ流行の終焉はまだまだと言えそうです。

 その他の疾患には余り大きな動きは見られませんでしたが、先週報告数2桁入りした突発性発疹はわずか1週間で報告数1桁に後退しました。

 この週2桁以上の報告数があったのは突発性発疹が抜けて4疾患となり、順位では小児インフルエンザが2桁減で第2位から第4位に後退しましたが、第2位から第4位までは僅差であり、来週はまた順位の変動があるかもしれません。

第1位《1》感染性胃腸炎(報告数142)
第2位《3》成人インフルエンザ(報告数35)
第3位《4》溶連菌感染症(報告数31)
第4位《2》小児インフルエンザ ↓↓(報告数29)

 《 》内の数字は先週の順位、数字0はその週の報告数が1桁だった疾患です。(矢印は先週の報告数との比較で矢印1つが1桁を表しています/報告数というのは定点指定医療機関だけの集計で江戸川区全体の医療機関からの報告数ではありません)

 定期予防接種の対象となっている疾患としては、麻疹風疹百日咳の3疾患とも報告数は今週もゼロでした。このブログの更新を再開してからですと9週連続となります。

 定期予防接種の対象になった水痘は、本来こちらに移動するべきですが、まだまだ発生数が多いので、当分は順位をお知らせする疾患として扱います。先週報告数が7まで増加してしまいましたが、上でもお知らせした通り、今週の報告数は先週と同じ2例でした。


posted by YABOO!JAPAN at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな病気がはやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

こどもの発熱 ーガタガタ震えてても冷やすの?ー

clinic.jpg 月曜日は医学講座の日。なぜなら人間のからだを表す言葉には「月」(ニクヅキ)のつく漢字が多いから。

 「熱を下げるということは熱を逃がすことだ」と何度も何度もしつこくお話ししていますが、皆さんの実感としては「冷やす」という言葉のほうがしっくり来るようです。ですから最近の私は最初に「冷やす」という言葉を使ってそのあとで「逃がす」という言葉を使うようになりました。言葉はどうあれ実体は同じことなのです。

 ところで、熱があるときは冷やすということが段々浸透してくるようになると、次のような質問が出てきます。「急に熱が出てきて寒がってるんですけど、そういうときでも冷やしていいんですか?」

 確かに熱の上がり際には寒気や震えがきます。熱がゆっくりと上昇するときにはあまり見られませんが、急激に上昇するときによく見られます。このような寒気や震えを、前者は悪寒、後者は戦慄といいます。寒くてガタガタ震えることです。熱が上がりきると止まります。寒くてガタガタ震えている子の洋服をはぎ取るようなことは残酷に思えて、先ほどのような質問をなさるのだと思います。

 私の答はこうです。「理屈だけから言えば、熱があるんだから冷やしてかまわないということなんですけど、寒くてガタガタ震えている子にさらに寒い思いをさせるようなことは人情としてはできませんよね。この寒気や震えは熱が上がりつつあるときだけなので、温めようが冷やそうがどっちみち熱は上がるところまでは上がるわけです。ですから、お子さんが寒いと言っている間は寒気がなくなるぎりぎりのところまで温め、熱が上がりきってお子さんが暑いと言い出したらすぐに冷やし始めるということでいいんじゃないですか。」

 熱が出てきて寒気や震えが来ると、お子さんはきっと心細い思いをしていると思います。そんなとき少しでもぬくもりを感じることができれば、熱はどんどん上がるかもしれませんがお子さんの心も少しは安らぐのではないでしょうか。その意味では抱いて温めてあげるほうが効果は大きいと思います。



posted by YABOO!JAPAN at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | こども診療所医学講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする